Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

旅行記

河口湖一周ラン 2日目

4時半に起床。辺りは既に薄明かるい。 5時過ぎにジョグに繰り出す。 湖には物好きなアングラーたちがこんな早朝から大勢いたが、アングラーズから見たら私の方が余程物好きだろう。 走り始めて500m程で下腹部がゴロゴロと鳴り始め、腹痛に見舞われた。 どう…

河口湖一周ラン

湖畔に佇む今宵のお宿の駐車場に愛車をとめたら、さぁ、走り出そう。 久し振りの泊まり掛けラントリップは河口湖へ。 数年前からウォーキングにハマっているサマーな後輩(仮名)は、最近特に川歩き、即ち源流から河口まで(もしくは河口から源流まで)歩いて踏…

談合坂SA

11時に家を出る。 緊急事態宣言下の東京だが、環八通りは普段の土曜日のように渋滞している。 甲州街道も断続的に渋滞、調布から中央道乗ったら国立府中まで3kmの渋滞。 お願いばかりの緊急事態宣言は、特定の産業への虐めと権力者のパフォーマンスでしかな…

ちくま(上田駅)

食べログで上田駅周辺の蕎麦屋を検索していたら、上田駅構内のちくまというそば屋が駅ナカとは思えない旨さだと絶賛されているのを発見して、ホテルは素泊まりプランを選択した。 朝ランの後に訪れたるは、噂のちくま。 かき揚げ山菜卵そばに、とろろトッピ…

千曲川ラン

6時に起きるも外は氷点下の冷え込み。 流石は夏でも涼しい避暑地、長野県である。 陽が昇って気温が上がるのを待ち、8時過ぎにホテルを飛び出す。 旅ラン。千曲川ランニング。 河川敷にはサイクリングロード等が整備されておらず、堤防の上の一般道を走るス…

鯉西(上田)

三度目の上田訪問で、三度目の鯉西である。 清流千曲川の恵み、ここでしか味わうことの出来ないローカルフードは正に絶品。 美味しいワインが旅をしないように、美味しいローカルフードも決して旅をしないのだ。 鯉の刺身と鯉の洗いの食べ比べ。臭みゼロ。旨…

DDVineyard 苗植え

友人のDDVセンパイ(仮名)が新たに入手した圃場に葡萄の苗木を植える作業のお手伝い。 作業は既に98%が終了しており、一番最後の美味しい部分をわざわざ残してくれている状態でした。 センパイ、ありがとう! こんなに小さな苗木。 葡萄の実をつけるようにな…

上信越道佐久平SA

土曜日、ある目的を持って長野に向かう。 まん防発令前にレジャーを楽しもうと企んでいる人が多いのか、環八も関越道も断続的な渋滞、上信越道に入ってからも交通量が多く、長野県に入ってからようやくクルーズコントロールが使える道路状況になった。 佐久…

金太郎(御殿場)

東名御殿場インターで降りた私は、まずはランチの予約に、炭焼きレストランさわやか御殿場インターチェンジ店に向かった。 受付で言い渡された待ち時間はなんと約3時間。 前回80分待った長泉店も相当なものだが、ここまでくると最早喜劇のレベルである。 確…

猪鼻湖 朝ラン

5時半起床。 まだ薄暗い6時半前に、ホテルを出る。 合宿2日目のメニューは、LSD走のペースで猪鼻湖を一周する、疲労抜き目的のスロー・ジョグだ。 徐々に明るくなってくる湖畔。 犬の散歩をさせている人や、単に散歩をしているお年寄りとはよくすれ違ったり…

猪鼻湖ラン合宿

浜名湖に隣接する、静岡県浜松市の猪鼻湖。 その湖畔に佇む本日のお宿、ハーヴェスト浜名湖に車を停める。 猪鼻湖に面しているのにハーヴェスト浜名湖とは、浦安市にあるのに東京ディズニーランドというようなものだろう。 湖畔のサイクリング・ロードを走る…

駿河湾沼津SA

土曜日。 東名高速を西に向かって走る。 7時に家を出て、浜松のさわやか細江本店で早めのランチを決め込むつもりが、目覚ましを止めた後に二度寝してしまい、家を出るのが90分程遅れ、予定が狂った。 出発時刻が遅れたので、渋滞も覚悟したのだが、東名集中…

旨いもんや 和かし(諏訪市)

ハルピンラーメンを食べ終えると、辺りはもう薄暗くなり始めていた。 観光するにも遅すぎるし、本日のお宿、諏訪湖湖畔に佇む民宿あひるにチェックイン。 素泊まり専門の民宿だが、源泉掛け流しの温泉完備、8畳の和室一人占めして3000円強のリーズナブルプラ…

ハルピンラーメン(諏訪市)

三連休。 新型コロナウイルスが再度俄に盛り上がり始め、Go toはキャンセル続出との報道。 私の目的地はまたしても諏訪湖。 前回は信濃大町と上田での宿泊の間に訪れて、周回コースをヘロヘロになって走ったのだが、今回は泊まりがけで諏訪湖を目的地とし、2…

居食房とりい(白浜)

ホテル・カームの近くには、食事が出来るところが少ないそうで、車で出掛けることを勧められたが、ビールの飲めない夕食、しかも17キロ走った後にビールが飲めない夕食なんて、有り得ないのである。 フロントで教えてもらった最寄りの居酒屋まで、暗い夜道を…

炭焼きレストランさわやか長泉店

越前岳登山を終えたら、帰る前にご当地グルメを楽しもうと、かの有名な炭焼きレストランさわやかへ。 行列の絶えない人気店にランチタイムど真ん中の12時に到着するという愚行だが、案の定整理券発行係のお兄さんに1時間以上の待ち時間を告げられる。 整理券…

愛鷹山越前岳登山

7時半頃に十里木高原駐車場に到着すると、既に8割がた埋まっていた。 この駐車場にはトイレが完備されており、また、10分程歩くと富士山を目の前に望む展望台があるのだ。 それだけでなく、本日のお山、愛鷹山越前岳への登山口も、この駐車場の敷地内にある…

地ビールレストランGRAND✕TABLE(御殿場)

御殿場高原ホテルの別館に素泊まり。 go toトラベルのお陰でなんと3000円、バンコクの2つ星ホテルよりも安い。 夕食は敷地内のビアレストランへ。 ヴァイツェン中ピッチャー、800ml。 出張でドイツに行った際は、ドイツ人にも呆れられるほどにヴァイツェンば…

go toトラベル ジョギング編

今週のgo toトラベル、まずは丹沢湖へ。 諏訪湖ランが楽しかったので、手近なところで丹沢湖一周ランを思い立ったのだ。 しかし、周回コースは普通のロードと一部林道、アップダウンも結構あり、整備された諏訪湖ジョギングロードとは真逆のタフロードだった…

東名高速 中井PA

2週連続で金曜日に夏休みを取得。 そろそろいい加減に真鯛を釣りに行きたいところなのだが、生憎と第二忠丸は船体整備の為に出船しないという。 そんな訳で、またしてもgo toトラベル。 前週は中央道、長野道、上信越道、関越道を使ったぐるり長野旅だったが…

鯉西つけば小屋(上田)

諏訪湖ランを終え、すわっこランドという悲惨極まりない名前の温泉にのんびりと浸かり、一息ついたところで出発。 行き先は自宅と真逆の上田だ。 折角長野まで来たのだから、長野に半移住してワイン作りに励む盟友・DDVセンパイ(仮名)と酒を酌み交わしたかっ…

第一回チキチキ諏訪湖一周マラソン大会

諏訪湖畔に陸上トラック用の舗装が施された周回ジョギングコースが整備されているという。 興味津々、走りに行きたい。 というのが、今回の旅行の目的のひとつだ。 すわっこランドという悲惨な名前の、温泉大浴場完備のスポーツ複合施設に車を止め、施設利用…

梓川サービスエリア

黒部ダム見学を終え、扇沢バスステーションから長野道を目指して車を走らせる。 信濃大町の管理釣場、鹿島槍ガーデンに足繁く通っていた頃に幾度となく利用した豊科インターチェンジは、安曇野ICへと名前が変わっていた。 知名度や観光客への親切さという点…

黒部ダム

6時半の朝食開始時刻の少し前に食堂に降りると、ラーメン二郎並みの大行列。 恐るべし、go to トラベル。 7時20分頃にチェックアウトし、扇沢というバスステーションへ。 ここから電気バスに乗って、目指すは黒部ダムだ。 本当は北アルプスの燕岳登山を目論…

和家(信濃大町)

いやー、驚いた。 平日だというのにホテルは大にぎわい。 ほぼ満室ではなかろうか? 食べログで調べた人気の居酒屋は開店直後にも関わらず予約で満席と断られる始末、2軒目は1時間待ちと言われ、3軒目でようやく夕食にありつけた。 これじゃgo toトラベルと…

魚幸(うおこう)の鮒寿司

スマホで調べたところ、鮒寿司、鰻、佃煮などを売る惣菜屋、魚幸という店が魚市のすぐそばにあるようだった。 ホテルをチェックアウトした後、駐車場の車に荷物を置いて徒歩で向かう。 実家には魚市で食べたうろりの佃煮を、そして自分自身の為に、ついに念…

東へ走る~帰京。

ホテルの駐車場にて、カーナビの目的地を自宅に設定する。 ふむ。 420km。 先月和歌山県新宮市から自宅までの540kmを一気に走った記憶新しく、なんだか余裕に感じる。 良いんだか悪いんだか。 名神高速にのって暫く走ると、やがて左手に伊吹山が見えてくる。…

風雲!彦根城

彦根キャッスルリゾート&スパホテルは、本当に彦根城の真っ正面にある。 山にも登らず特に観光するつもりもなく東京に帰るだけの月曜日、ホテルをチェックアウトする前に軽く彦根城見物といきますかね。 しかしなんとも日本的なsystematicかつbureaucraticな…

結局魚市。(彦根)

今夜こそ鮒寿司を食べようと、食べログを駆使して見つけた人気の割烹に開店時間に合わせて突撃するも、入口の扉には「本日予約で満席」との無情な貼り紙、店内を見ることなく撃沈。 バックアッププランで見つけておいた居酒屋へ向かうも、こちらは臨時休業。 …

リベンジ登山

伊吹山に登る予定だった。 しかし、3140円の通行料を払えば、伊吹山ドライブウェイを走って車で九合目まで行けるのである。 私は伊吹山登山は金で解決することにした。 九合目駐車場から登り始めて20分程で早くも頂上が見えてきた。なんとも達成感の無い登頂…