Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

BASSO江戸川橋

気の重くなるミーティングを終え、気分転換に旨いラーメンを食べたいところだけど、生憎と時刻は14時半。

 

しかしですな、昼営業15時半までのBASSO江戸川橋なら、余裕で間に合うのである。

開いてて良かった!


f:id:OKComputer:20230201154540j:image

この日のオーダーは特製煮干しそば、並。

前回食べた時よりも煮干しの風味が弱まっているような気がするが、気のせいかもしれない。

そもそもBASSOの煮干しは優しく魚の風味を感じるものなのだ。

相変わらず手打ち麺が旨い。とてもとても旨い。

特製トッピングもいつも通りに旨いし、よく出来たバランスの良い一杯である。

 

無添加無化調を謳いながら、ラーメンならではの野趣もキチンと感じられる。

バランスが良いとは、そういう意味合いに於いてである。

 

美味しいラーメンに癒されて気分もスッキリ。

ご馳走さまでしたと席を立つと、「いつもありがとうございます!」と店主さん。

こちらこそ、ありがとうございました。

讃岐屋(護国寺)

またしても胃腸の調子が悪い。

村上春樹的に言うと、「やれやれ、またか。と僕は思った。」という感じだ。

 

ハーフマラソンの初レースも迫っていることだし、ランチはお腹に優しいものにしようと護国寺の讃岐屋へ。


f:id:OKComputer:20230131140857j:image

金比羅うどん、ゆで卵。

何故金比羅を名乗るのかうどんに疎い私にはわからない。

今度麺類博士のサマーな後輩(仮名)に訊いてみよう。

 

麺も具材もスープも優しい讃岐屋のうどん、讃岐うどんってもっと歯応えがあると思うのだが、ここのうどんは割り箸で持ち上げるとしばしば切れてしまう程に柔らかい。

 

私の中では柔らかいうどんは、老人と病人の為の食事という位置付けなのだが、私もかなり老いてきつつあり、またしょっちゅうお腹を壊す半病人でもある。

 

徐々にうどんと仲良くなっていくのも、やむを得ないことかもしれない。

そして気が付くと、この優しさが嫌いではなくなっているんだよね、いつの間にか。

 

年齢に抗わない姿勢も大切だ。

巌哲(早稲田)

月曜日にラーメンを食べたくなったら、早稲田の巌哲一択になりがち。


f:id:OKComputer:20230130130731j:image

おっ、箸がリニューアル。


f:id:OKComputer:20230130134350j:image

オーダーは中華そば、肉増し。

 

本当は肉醤油を食べるつもりで会社を出て早稲田に向かったのだが、底冷えのする神田川沿いの遊歩道を歩くうちに気が変わったのだった。

寒い時にはあっさりした味よりも濃い味が恋しくなるもの。

とは言え東大阪風の漆黒スープは、見た目よりはサッパリしている。

そして淡麗メニューより一回り太めの麺が旨い。

増した肉も、薄切りから極厚までグラデーションが楽しめて最高。

 

すっかり満足して店を出ると、3~4人の待ちが発生していた。

良いタイミングだったようだ。

1月のランまとめ


f:id:OKComputer:20230201155040j:image

2023年1月の走行距離は、402kmだった。

ランオフは0日、1日も休まずに走った。と言うか、正確に言えば12月22日にランオフした以降は毎日走り続けている。

 

自身初めての月間400km超えv(o´ з`o)♪、先月の351kmに続いて2ヶ月連続の自己最長記録を更新、来月のフルマラソンに向けて脚作りは順調である。

 

しかし、この数日花粉症の症状が明らかに強くなってきて、昨日は走っている途中で左鼻が完全に詰まり、鼻呼吸が出来なくなった。

いくら脚を作っても、鼻呼吸が出来ないのでは、フルマラソン厳しそうな...。

 

まぁ、そこも含めてのマネージメントと割り切り、上手く薬を使いながら劇症化させないように気を付けましょう。

 

2月は練習の一環でハーフに出場、そして3月4月とフルマラソンが続く。


f:id:OKComputer:20230201155440j:image

こちらは元旦の20.23km走の時の初日の出。


f:id:OKComputer:20230201155509j:image

同じく元旦の富士山from多摩川大橋。

 

2023年も走り続けよう。

上々家(大鳥居)

毎日毎日走っていたら、内転筋に強い張りを感じるようになったので、大鳥居のスポーツ鍼灸でケアを。

 

院長に

「走りすぎ!休むことも練習のうちですよ。」と諭されるも、1月は皆勤賞を目指すことに決めたのだ。

休むのは2月に入ってからにします。

 

さて、治療の後はイレブンフーズ源流を訪ねるのがルーティンになっていたのだけど、たまには気分を変えて上々家へ。

かつては矢口渡に支店のあった上々家も、今では大鳥居でしか味わえない。

六角家直系のストロング・スタイル家系も、たまには食べとかないとね。


f:id:OKComputer:20230129053510j:image

ラーメンはストロング・スタイルなのに、ビールは軟弱極まりないスーパードライの小瓶。

せめて中瓶にしてくれないと、満足感より不満が優勢になる。


f:id:OKComputer:20230129053530j:image

キタ━(゚∀゚)━!

ラーメン、のり、ホウレン草増、スモークチャーシュー追加。

コールは固め。

少なめコールはしていないのに、なんかスープがサッパリしている気がする。

鶏油不足の影響かな?

しかし、酒井製麺の太くて短い麺と豚骨醤油スープの組合せ、大振りなチャーシューにたっぷりの海苔とホウレン草、教科書通りの家系ですね。

あまり行くこともなく、自分内プライオリティの低い家系だけど、久し振りに食べるとやはり旨いな。

 

さて、帰宅後、鍼による好転反応なのか内腿の痛みが増して来たような気がして、湯治に近所の銭湯を訪ねた。
f:id:OKComputer:20230129053544j:image

この銭湯、温泉じゃないので自宅から歩いて直ぐなのにも関わらず、初めての訪問。

 

ケロリン桶、富士山の壁画、高い煙突、無料のサウナ、見事な和彫の倶梨伽羅紋紋纏った元その筋の客など、昭和感全開のなかなか良い風呂で、すっかり気に入ってしまった。

 

こちらも家系同様に、たまに訪ねることにしよう。

しぶそば蒲田店

しぶそば蒲田店では新そば祭が開催中。
f:id:OKComputer:20230127111851j:image

祭事はあまり好まない私だが、しぶそばの新そば祭なら見逃せないぜ!


f:id:OKComputer:20230127111903j:image

新そばなら冷やしでイキタイところではあるが、朝から寒いなか走って身体が冷えてしまったので、かき揚げそば+生卵を。

かき揚げはなんと私の大好きなむかご、流石はしぶそばセンス抜群!

 

安定的に旨いしぶそば、新そばとなれば不味かろうはずはなく、むしろ会社の近所の老舗蕎麦屋のそばよりも旨いのではないだろうか?

大満足でご馳走さま。

デニーズ・ランチ

それはそれは長くて下らない会議が終わったのは2時半を回っており、ランチの選択肢はは極めて限られるのであった。


f:id:OKComputer:20230124135130j:image

悩んだ時には、開いてて良かったのデニーズ。

先ずはドリンクバーでコーラゼロと野菜ジュース。


f:id:OKComputer:20230124135142j:image

この日のランチはミックスフライ。

アジフライ、コロッケ、ヒレカツだったっけな?

オプションで味噌汁もつけました。

おかずが揚げ物であることを除けば、まぁまぁバランス良い食事と言えそう。

ランナーにとっては食事とは飢えを充たすのみならず、補給の意味合いが強いのだ。


f:id:OKComputer:20230124135153j:image

食後のコーヒー。

 

これで1020円というのはお得感があります。

なにしろラーメン屋に比べると、ゆったりと食事出来る点も良い。

読みかけの本なんか持ち込んだら、2時間ぐらい居ちゃいそうだよね。

好きです、デニーズ。