Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

龍朋(神楽坂)

占いなんか糞喰らえ。

誰がそんなものを信じるか!

 

と言いつつ、めざまし占いで牡羊座が12位だったある日、

「そんな牡羊座のツキを回復するラッキーメニューはチャーハン」と言われた直後に、私の脳裏には神楽坂龍朋のチャーハンが鮮やかに浮かんだのであった。


f:id:OKComputer:20220928163508j:image

東京ナンバーワンチャーハンとの呼び声も高い龍朋のチャーハン。

パラパラというよりはトラディショナルなしっとり系、味付けしっかり、チャーシューごろごろ、付け合わせのスープも含めて実に旨い。

 

別に占いを信じた訳ではないのだ。

しかし、占いのせいでチャーハンが脳裏に焼き付いてしまったら、チャーハンを食べるしかないじゃないか。


f:id:OKComputer:20220929202945j:image

えっ?

もしかして占いなんて信じているのですか。

 

実家の保護犬ふくちゃんの目が、私を小馬鹿にしているようだった。

9月のランまとめ

9月の走行距離は212kmだった。


f:id:OKComputer:20220930132323j:image

9月4日のわっかないマラソンは、11月の本命レース前のペース走ぐらいの気持ちで、とにかく9月は距離を積みたく、最低でも300km、願わくば350kmは走ろうとの目論見だったのだが...。

そのわっかないマラソンで、コンディションが悪いのにも関わらず突っ込んでいった結果、レースは撃沈、代償は左脚の怪我と、踏んだり蹴ったりなのであった。

 

そもそも、わっかないマラソンに向けて脚を作ろうと、7月と8月も300kmをノルマに課していたのだが、両月とも発熱→PCR検査→陰性→しかし酷い下痢が続く、という似たような体調不良プロセスを辿り、250kmしか走れなかったのであった。

どうも流れが悪いな。

 

走ること、特にフルマラソンを走ることについては、無理をしても良いことは一つもないのだと体験的に学んだので、11月のレースは近いけど、先ずは脚を治すことを優先にしよう。

 

という訳で、リハビリランニングの10月。


f:id:OKComputer:20221002181930j:image

わっかないマラソンのゴール前。

屈辱がよみがえる。

デニーズ ランチ

中途半端な時間にランチ。

そんな時は安心と安定のファミレスへ。
f:id:OKComputer:20220927152729j:image

食前の野菜ジュース。


f:id:OKComputer:20220927152745j:image

海老とハーブ鶏の和風雑炊660円。


f:id:OKComputer:20220927152758j:image

食後のコーヒー。

 

これで1000円でお釣りが来るんだもんね。

輸入インフレ直撃の昨今にあって、凄いコスパである。

 

ファミレスと仲良くなった2022年。

国民酒場じぃえんとるまん蒲田店

会社帰りにじぃえんとるまんに立ち寄り。
f:id:OKComputer:20220927193726j:image

10月からビールが値上げされる為、410円でこの赤星大瓶を楽しめるのもあと僅か。


f:id:OKComputer:20220927193738j:image

もやしナムルブラックペッパー200円


f:id:OKComputer:20220927194421j:image

甘エビ唐揚げ、このボリュームで300円!


f:id:OKComputer:20220927194448j:image

酎ハイBIG450円。

 

締めて1360円は安い!

国民酒場を名乗るのは伊達ではない!

じぃえんとるまんは真に国民の味方だ!

 

そんな訳で、2日後もじぃえんとるまんへ。


f:id:OKComputer:20220929184237j:image

これが最後の410円赤星大瓶。


f:id:OKComputer:20220929184305j:image

タルタルたくあん250円と、スモークうずら300円。

どちらも旨い。


f:id:OKComputer:20220929184927j:image

酎ハイBIG450円。

 

締めて1410円は安い!

国民酒場を名乗るのは伊達ではない!

じぃえんとるまん真に国民の味方だ!

 

何も考えず、頭を空っぽにしてボーッと飲む。

滞在時間も僅か30分足らずだろう。

 

それで気分をリセットし、会社で受けた精神的苦痛を忘れて家に帰ることが出来る、国民酒場は地を這う国民のオアシスだ。

 

ありがたい。

また来ます!

MENSHO(護国寺)

奇蹟を具現化してくれた夏の限定は終わってしまったけれど、いつだってMENSHOを訪れる価値はある。

レギュラーメニューも他では決して味わうことの出来ない逸品揃いだからである。


f:id:OKComputer:20220927145846j:image

本日のお目当ては、準レギュラーの和牛坦々麺。

 

特に特徴的なのが、もち麦を使用した極太超多加水麺を使用していることで、坦々麺というよりは最早創作料理の範疇である。

旨い、じゃ足りない。

旨すぎる。

麺もコクのあるスープも旨いけど、とろけそうな和牛やアクセントのドライトマトなど、トッピングもいちいち唸る旨さなのである。

そして、スープの底には大量な和牛そぼろが沈んでいるため、スープを完飲せざるを得ないのもいつものこと。

 

旨かった。

ごちそうさま。

 

醤油と塩の定番メニューもそろそろ恋しいですな。


f:id:OKComputer:20220927145859j:image

ところで、先だって閉店した、近い・混まない・味はそこそこ、のキャッチフレーズでお馴染みだった、たかちゃんらーめんの跡地は急ピッチの工事中だった。

ラーメン屋ではなく、地中海料理店が入るようですな。

 

ランチやるなら一度は行ってみないと。

いきなりステーキ蒲田店

やぁ、みんな!

ボク、元いきなり君だよ!

かつてはいきなりステーキを贔屓にしていたんだけど、突然のワイルドステーキの大幅な値上げに嫌気がさして、最近ではすっかりと疎遠になってしまったんだ!

 

それが故の元いきなり君なんだけどね、ハハハ'`,、('∀`) '`,、!

 

さて、わっかないマラソンの後に左脚を痛めてしまって、思い切り走れない日々、ここのところ走行距離が激減しているんだ。

運動量が減ったのならば、糖質摂取量も減らさないと太ってしまう。

 

そんな訳で、大鳥居のスポーツ鍼灸院で治療した後は、イレブンフーズ源流も上々家も我慢して、蒲田のいきなりステーキに突撃!

 


f:id:OKComputer:20220926092500j:image

いきなりサーブされるプラチナ会員特典の生ビール。

糖質量を気にするなら赤ワインにすべきなのは分かっているんだけど、残暑厳しいこの日はビールを我慢出来なかったのさ!


f:id:OKComputer:20220926092513j:image

ワイルドハンバーグ300g、チェンジブロッコリー


f:id:OKComputer:20220926092527j:image

このように断面を鉄板にくっ付けてウェルダンにしてから頂きます。

焼けるまでの間にブロッコリーをツマミにビールをぐびぐび。

 

うん、可もなく不可もないハンバーグだね!

もちろん分かった上で注文しているのだから、文句はないよね!

 

この単品ハンバーグが1100円なのは、特に驚くに値しないんどけど、プラチナ会員特典のビールがついて1100円なら、ありだね!

 

また来ようっと。

 

じゃあみんな、またね(^.^)/~~~

常寿司(駒込)

半年に一度くらいは来たい店で、半年に一度ぐらいは集まりたい元仲間達と寿司屋で晩飯。

 

ここ、駒込の常寿司は、貝の刺身と穴子が激ウマの江戸前寿司店。


f:id:OKComputer:20220924132024j:image

刺し盛り貝多め。


f:id:OKComputer:20220924132037j:image

トロタクが主役の巻き寿司色々。


f:id:OKComputer:20220924132053j:image

真打ち、穴子


f:id:OKComputer:20220924132107j:image

日本酒が旨い。

 

なんだかな。

無理矢理付き合って貰ったような罪悪感に似た感情を抱いてしまって、楽しいことは楽しいんだけど、心の底は冷めていた感じがした。

その冷たい心根を暖めようと、日本酒飲みすぎていささか酔いすぎたようだ。

私は果たして赦されているのだろうか?

 

諸行無常、万物流転、変わらないものなどない。

しかし、成長する若手と、退化する私、逆のベクトルを向いてしまっている感覚がどうしても拭えずに、飲む程に心は冷めていった。

 

そういう感覚を貰えただけでも、思考停止とは異なるなのだと自らを鼓舞する。

私が向かっている方角が、前に違いないのだ。