Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

熊本ラーメン黒亭 下通店

朝起きると、熊本は土砂降りの雨。

更に前腿に酷い筋肉痛を発症していた。

 

35km手前の、巨大な橋からのアンダーパスの連続、あの長い下り坂で前腿の筋肉が破壊されたものと思われた。

シドニーラソンも熊本以上にアップダウンの多い過酷なコースだったが、タイムが10分遅くスピードの差は歴然、やはり速い速度(と言っても大した速度ではないが)で駆け下りる方がダメージが大きいようだ。

 

ホテルで朝風呂、朝食でゆったりとし、10時ギリギリにチェックアウトした私がまず向かったのは、マッサージ店だった。

 

マッサージを終えると雨は激しさを増していた。

観光に適した天気とは言えないながら、私は自らの幸運を熊本の神に感謝した。

この雨が1日ずれて前日に降っていたら、私の熊本城マラソン2024はより過酷なものとなっただろう。
f:id:OKComputer:20240225105945j:image

熊本城へ。

この熊本市のシンボルは、マラソンのゼッケンを見せれば無料で入場出来るのだ。

建物はひび割れ、石垣は崩落し、熊本地震の影響はまだまだ残っている。


f:id:OKComputer:20240225105957j:image

天守閣。

立派な建物だが戦後に再建された鉄筋コンクリート造、松江城彦根城松本城と近年3つの現存天守閣を見た私には、ハリボテにしか見えないのだった。

 

さて、折角熊本に来ているのだ、ランチは熊本ラーメン以外は考えられない。


f:id:OKComputer:20240219141008j:image

Googleマップで調べて、割と近くて割と評価の高い店を発見。

それが黒亭であります。

 

中国人観光客だ大挙して押し寄せており待ちが発生していたが、カウンター席に空きがあるのが見えたので大して並ばず入店出来るだろうと待っていたら、やはり10分足らずで座れた。


f:id:OKComputer:20240219132616j:image

券売機で食券を購入。

入口に1台しかない券売機、要は中国人軍団はここでメニューに選びに時間が掛かるため、必然的に待ちが発生しているようだった。


f:id:OKComputer:20240219132639j:image

御託宣。


f:id:OKComputer:20240219132645j:image

ビールを飲みながら着丼を待つ。

oh, I'm waiting for my 麺。


f:id:OKComputer:20240219140934j:image

これが一番人気の玉子入りラーメン。


f:id:OKComputer:20240219140942j:image

真上からもう一枚。

 

マー油の入った如何にもな熊本ラーメン

しかし桂花ラーメンに比べると麺は細く柔らかく、スープのクセも控えめ。

個人的にはもう少しパンチが欲しい気がしたが、これぐらいの攻め加減の方が万人受けしそうではあった。

15歳の頃から桂花ラーメンに慣れ親しんだ私のほうが、世界では例外なのだろう。

 

食後は水前寺公園へ向けて市電に乗ったが、よくよく時計を見ると、帰りの飛行機の時間までそれ程の余裕はないのであった。

なにしろ阿蘇くまもと空港は市内から離れている上に、バスの本数も決して多くない。


f:id:OKComputer:20240225110008j:image

味噌天神前で途中下車して参拝。


f:id:OKComputer:20240225110018j:image

御託宣。

 

この後市電でホテル近くに引き返し、預けていた荷物をピックアップして空港に向かった。

 

昨年は母親の出身地鹿児島マラソンで自己ベストを出し、その10ヶ月後に父親の出身地である熊本で自己ベストを更新出来た。

東京生まれ、東京育ちの私だが、やはり自分には九州の血が流れていることを痛感したのだった。

お肉ビストロ グルマン三年坂(熊本)

熊本マラソン完走後、ホテルに戻りシャワーを浴びてから、祝杯の缶ビール。

その後、市内に住む叔母と従兄弟を訪ね、コロナの最中に亡くなった叔父に線香をあげた。

 

さて、フルマラソンとは身体のみならず内臓も相当に疲労する過酷なスポーツ。

まったくお腹が空かないのだが、折角なら熊本名物を少しは楽しみたい。

 

繁華街をうろついていたら、良さげな店を見つけたので行ってみることに。


f:id:OKComputer:20240218171457j:image

ビール。


f:id:OKComputer:20240218171514j:image

お通しは赤牛の冷しゃぶ。


f:id:OKComputer:20240218174441j:image

馬刺し3種盛り。


f:id:OKComputer:20240218174510j:image

辛子蓮根とぐるぐる巻セット。

ぐるぐる巻はネギぬたみたいなもの。ググると熊本の郷土料理らしい。


f:id:OKComputer:20240218174600j:image

球磨焼酎、大石のロック。

何でしょう、この複雑な旨味。

米焼酎でありながら洋酒的でもあり、ブラインドテストで飲まされた大混乱しそうだ。

 

毎度のことですが、フルマラソンの後は内臓が大ダメージを受けていて食欲がないのでこれにてお会計。

 

コンビニで酒と軽いツマミを買ってからホテルに引き上げた。

夜遊びなどとんでもない。

熊本城マラソン2024

遂にこの日がやってきた。

熊本城マラソン2024。

 

多忙と年末の風邪で12月は予定通りには走り込めなかったことを除けば、まずまず順調な練習を積んで本番を迎えた。

何処も痛くないし、疲労もない。

多少腹具合が悪いことと、花粉症の症状はあるけれど、それはいつものことだ。むしろ過去で一番調整が上手くいったと言えるかもしれない。

今シーズンはこの熊本と、4月の長野を本命レースに定めているのだが、これは自己ベストを更新する絶好のチャンスだ。

しかも、スタートラインはホテルから徒歩で約5分。

ホテルで出し尽くして8時に出発すれば余裕で間に合うし、スタート前のトイレに並ばなくて済むのも有利だ。

 

気掛かりは坂が多い難コースであること。特にラスト1kmは熊本城に向かって急勾配をひたすら駆け上がる難所との評判。

更に季節外れの暑さ、この日の熊本の最高気温は2月だというのに22℃に達する予報である。


f:id:OKComputer:20240218171659j:image

雲一つない空。

スタートを待つ間、お隣のおじさんに「暑くなりそうですね」と話しかけられた。

確かに、まだ午前9時前だというのに、既に陽射しが強く、一方で風はないのでかなり体感気温は高い。

私は早々にポンチョを脱ぎ捨て、レースウェアでスタートを待った。

自慢じゃないが私は暑さに極端に弱い。午後の陽射しに焼かれる前にゴールするためには、前半にある程度突っ込む必要がありそうだ。

 

9時丁度にファンランと30km走がスタート。

その2分後、フルマラソンの号砲が鳴った。

ブロックに整列してから既に40分が経過しており、緊張感は間延びするし、立ちっぱなしは腰に負担があるしで、なんか冷めた気持ちでスタートゲートを通過。

ロスタイムは1分半程だろうか?

しかし、あのマラソン前のオープニングセレモニーって必要かね?

あんなの省いて、スタートブロック入も出走5分前締切とかにしてもらせればもっとレースに集中出来て助かるのにな。

 

さて、道幅が思いの外狭く、最初の5kmは予定よりも45秒遅かった。

次の5kmも給水所での接触や、急に道幅が狭くなったり、登り坂で多くのランナーがペースダウンしたりで前が詰まり、ここも30秒予定よりも遅れていた。

しかし焦ってもロクなことはないので、10km以降は淡々とラップを刻む。

 

中間地点は1時間53分を切って通過。

ここまでは過去最速ペースである。

 

疲労もなくまだまだ元気、心持ちペースを上げる。

 

30kmを通過。まだ余力があることを確認し、更にペースを上げてロングスパートだ。

 

大半のランナーは前半が後半より速いポジティブスプリットを刻むが、私は一昨年のつくばマラソン以来、鹿児島、青森、シドニー、仙台と5レース続けて後半の方が速いネガティブスプリットで走っている。

前半で脚が売切れ、35kmで脚が止まり歩き倒したわっかないマラソンでの失敗の教訓でもある訳だが、それ以上にこのペース配分だと30km以降の一番苦しいところで他のランナーを抜きっぱなしになる。

このゴボウ抜きで脳を騙せるというか、自分にはまだ余裕があるのだと自分自身を勇気づけることが出来るのだ。

 

35kmの手前辺りで、大きな橋を渡ってからのアンダーパスという下り坂が延々と続く箇所があり、ここで前腿が猛烈にダメージを受けたが、残りは僅かだと自らを奮い立たせて突っ走る。

 

40kmを通過、ここまで3時間半を切っている。

最後死ぬ気で上げていこう!と思ったのも束の間、41kmからゴールの熊本城に向かう登り坂となり、一気にペースダウン。

ここは気合で、むしろラストスパートをする覚悟で臨んだのだが、心拍数が180まで上がり白目状態のヨロヨロに。


f:id:OKComputer:20240218171713j:image

やっと登りきったと思ったのに、最後の最後にラスボスの急な登り坂がやってきて心が折れ、脳内では葬送行進曲が鳴り始めた。心身ともに極限、瀕死の状態でゴールラインに到達。

 

公式記録は3時間41分12秒(ネット)。

密かに狙っていた3時間40分切りは達成出来なかったものの、従来の自己ベストを3分30秒縮める新PBを記録したのだった。

 

f:id:OKComputer:20240218171729j:image

悔しさが無いわけではないが、達成感の方が遥かに大きい。

スタートから42.195km先のゴールに歩かず、無事に到達するだけでも間違いなくひとつの大きな達成なのだ。その上自己ベストを出せたとなると、今日だけは満足感に浸っても良かろう。

 

幸い、4月にもう一つの本命レースが控えている。

もう一度3時間40分切りに挑戦出来るのだ。

 

今週はリカバリーに努め、来週からは次の勝負に向けて頑張ろう。

大衆鰻うな春(熊本)

レース前夜のディナーは、験担ぎで鰻屋へ。

目下のところの自己ベスト、昨年3月の鹿児島マラソンの時にも、前夜は鰻を食べたのだ。


f:id:OKComputer:20240217171744j:image

レース前には禁酒する人も多いけど、美味しいお酒を飲むために走っている私には、ビールを我慢することは本末転倒を意味する。

 


f:id:OKComputer:20240220192719j:imagef:id:OKComputer:20240220192735j:image

うな重の上と茶碗蒸し。

大振りな鰻は見るからに中国産。

案の定臭みもあり、残念な代物だった。

そもそもスナックのような店内、奥の厨房は見えないけれど鰻を焼いている気配はなく、余所で調理した鰻を温めて出しているだけなのではないだろうか?

 

好きが故に点が辛くなるのは鰻も餃子も焼きとんもラーメンも一緒だが、しかしながらこの大ボリュームのうな重が2000円そこそこというのは安いことは安い。

 

ま、値段に見合ったクオリティということで納得しましょう。

王さまのカレー(熊本)

熊本上陸。

熊本県熊本市に滞在するのは、1975年以来、実に49年振りなのであった。

 

当時は小学一年生。

この街の記憶は無いに等しく、実質的には初めて来るようなものである。

 

ホテルに荷物を預け、先ずはランチの店をGoogleマップで探すと、すぐ近くに評価の高いカレー店をみつけた。

定石では熊本ラーメンを狙うところだが、あの川内優輝選手もマラソン前にはCoCo壱番屋のデカ盛りカレーを食べることをルーティンにしているようだし、行ってみますか!


f:id:OKComputer:20240217171703j:image

なんと、レストランというより民家ですな。

恐る恐るドアを開けると普通の玄関に普通の家。

変わった店だな。

靴を脱いで上がります。


f:id:OKComputer:20240217171642j:image

メニュー。

カレーはカレーでもタイカレーですね。


f:id:OKComputer:20240217171655j:image

あいがけカレー大盛。

マッサマンカレーとグリーカレーのハーフ&ハーフであります。

 

旨っ!

お米は日本式うるち米だが、カレーソースは完全にタイの味。

シーロムのお気に入りローカルレストランに勝るとも劣らない、いや、これは勝っているかも!

まさか本物のタイ料理に熊本で出会えるとは、意外すぎるにも程がある。

いやー、会社の近くにあったら通いたいようなクオリティだ。

タイにちょくちょく行っている私は、日本で食べるタイ料理に失望することは多々あっても、感動することは滅多にない。

 

という訳で、あてずっぽうで当りを引いた私の運気は上向きだ。

明日のレースはきっと上手くいくだろう。

BASSO江戸川橋

金曜日のランチも引き続きカーボローディング。

レース2日前、お腹を壊す寸前の炭水化物を摂取する総仕上げ的なランチが求められる。

私はそっと会社を抜け出し、開店直後のBASSO江戸川橋へ向かった。


f:id:OKComputer:20240216152947j:image

特製つけそば中盛。

最近の私に中盛はトゥーマッチなのだが、カーボローディング中に敢えて並盛にする理由はない。

 

つけそば久し振りに食べたけど、やっぱ美味いわ。

ラーメンより一回り太い自家製麺が最高過ぎる。

特製トッピングも安定の美味さ。

しまった!玉ねぎトッピングを頼み忘れたぜ!

このつけそばには刻み玉ねぎが良く合うのだった。

久し振り過ぎて失念していたようだ。

 

麺完食後はスープ割をもらってフィニッシュ。

腹パンパン。

もう二郎は食えないな、この胃のキャパでは。

尚、お腹はなんとか壊れずに済んだ。

喜楽亭(下丸子)

会社帰り、普段なら地元の西友で惣菜を買うか、食材を買って酒に合うものを作って晩酌するかの2択なのだが、カーボローディング中という事情もありまして、駅前の定食屋、喜楽亭に寄りましょう。


f:id:OKComputer:20240215210226j:image

ビール。

相変わらずのキタナシュラン状態の店内は、清潔感がゼロで、シャビーな佇まいと清潔感には相関関係が無く、もっと丁寧に掃除すれば良いのになぁと思ってしまう。


f:id:OKComputer:20240215210238j:image

オムライス。

これが意外な程クオリティが高い。

量も充分で、カーボローディングという目的は達せられたのであった。


f:id:OKComputer:20240215210247j:image

メニュー。

メンチカツとナポリタンが気になるなぁ。

 

普段は夕食の炭水化物摂取は極力控えるようにしているので、次のカーボローディングかランチで試してみたいところ。