Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。

大衆鰻うな春(熊本)

レース前夜のディナーは、験担ぎで鰻屋へ。

目下のところの自己ベスト、昨年3月の鹿児島マラソンの時にも、前夜は鰻を食べたのだ。


f:id:OKComputer:20240217171744j:image

レース前には禁酒する人も多いけど、美味しいお酒を飲むために走っている私には、ビールを我慢することは本末転倒を意味する。

 


f:id:OKComputer:20240220192719j:imagef:id:OKComputer:20240220192735j:image

うな重の上と茶碗蒸し。

大振りな鰻は見るからに中国産。

案の定臭みもあり、残念な代物だった。

そもそもスナックのような店内、奥の厨房は見えないけれど鰻を焼いている気配はなく、余所で調理した鰻を温めて出しているだけなのではないだろうか?

 

好きが故に点が辛くなるのは鰻も餃子も焼きとんもラーメンも一緒だが、しかしながらこの大ボリュームのうな重が2000円そこそこというのは安いことは安い。

 

ま、値段に見合ったクオリティということで納得しましょう。