Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

食事

SOBA STAND そばうさ(半蔵門)

今までの人生で弁護士と関わったことは皆無だったのに、この半年で直接間接合わせて4人もの弁護士と関わることになるのだから、人生は何が起こるか分からない。 半蔵門の法律事務所に打ち合わせにいった帰り、そう言えば半蔵門にはお気に入りの蕎麦屋があっ…

鰻家(石川台)

会社の業績は急降下、23年振りの赤字決算、しかもリストラをやった頃以上の巨大赤字とヤバい状況ではあるが、とりあえずボーナスは満額支給されたのであった。 しかし現状を俯瞰するにつれ、絶望的な気持ちになってくる。 浮上する要素が皆無なのだ。 無能な…

シルザナ(護国寺)

軽い目眩と倦怠感が続き、なんとはなしに体調が悪い。 それでもほぼ毎朝走ってはいるので、言い換えれば走れない程体調が悪いという訳でもない。 こういうのを不定愁訴というのだろうか? 或いは単なる老化なのか? 今朝もしっかりと10km走ったので、きちん…

栃尾(護国寺)

まただ。 またしてもお腹の調子が悪い。 今回は腸のみならず、胃もたれも併発しており、地元のゆるキャラドクターを訪ねた際に、胃薬まで処方してもらったのだった。 そんな訳で、ランチは優しいうどんにしようと護国寺の讃岐屋を目指したのだが…。 ガビ~ン…

味彩(護国寺)

朝から10km走ったので、というかほぼ毎朝10km走っているのだけど、良質な炭水化物とタンパク質を補給したくなり、護国寺の定食屋、味彩へ。 オーダーは豚しゃぶ定食。 The バランス栄養食でありますな。 ん? なんと閉店してしまうのか。 昨年11月に社屋が移…

甚六鮨(矢口渡)

家の用事があってテレワークを選択した木曜日。 お昼は近隣の超人気ラーメン店を覗いてみるも、大行列で断念。 矢口渡の、馴染のあるお気に入りラーメン店か、気になる新店に行こうと多摩川線に飛び乗るも、駅を降りた瞬間に気が変わった。 甚六鮨。 駅徒歩1…

笊そば 蕎すけ(護国寺)

明け方、突然吐き気に見舞われて目が醒めた。 飲み過ぎた訳でもないのに(とは言え人並み以上には飲んでるけど)たまにあるんだよね、こういうの。 単に胃腸が弱っているだけかもしれないし、年齢も年齢なので、近年俄に耳馴染みのある病気となった逆流性食道…

大阪王将下丸子店

日曜日、やっと休めるかと思いきや、急遽入る休日出勤。 まぁこのご時世、元気に働けることを祝福しようではないか。 前日より涼しかったので15km走る時の定番コースを走ったのだが、絶対的に走るには気温が高いことに変わりはなく、12km辺りから激しい喉の…

私家菜館 福(横浜)

日曜日。 昼過ぎから横浜で仕事のような、苦行のような、ま、仕事だな、これは。 みなとみらい線新高島駅近くの現場、目ぼしいレストランが見当たらないので、Googleマップで見つけた中華レストランへ。 もう飲んでしまおう。 ピルスナー・ウルケルに慣れた…

Kolkovna Celnice(プラハ)

読み方わからないレストラン。 ここは2回行きました。 もしかしたら3回かもしれない。 ビールはピルスナー・ウルケル。 チェコ伝統料理、シュヴィチュコバー。 グラーシュのホワイトソース版みたいな料理ですね。 これもなかなか旨かった。 チェコワインがあ…

ウ・ドヴォウ・コチェク(プラハ)

2匹の猫、という意味のレストラン兼ビヤホール。 店員の塩対応は旧共産圏の闇を感じるが、むしろ旧共産圏の闇を感じられるのが最早店員の塩対応ぐらい西欧化が進んでいるチェコである。 それに慣れてしまえば単に愛想がないだけで、ホスピタリティが無い訳で…

味彩(護国寺)

長野マラソンの翌朝、9時の新幹線で上田から東京へ戻ったが、会社には行かずテレワークを選択。 大きな荷物を持って会社に行くのは気が進みませんからね。 テレワークの定着はコロナ禍がもたらせた数少ないプラスの面のひとつだ。 さて、翌火曜日、朝から疲…

三好弥(江戸川橋)

金曜日も引き続きカーボローディングの日。 ランチは何処に行こうかな? 少し考えた末に出した結論は三好弥@江戸川橋。 オーダーはカツカレーと悩んだ末の半熟オムライスであります。 御椀と比較すれば、このボリュームがお分かり頂けるでしょう。 普段だと…

いきなりステーキ門前仲町店

やぁ、みんな( ゚д゚ )! ボク、いきなりステーキを憐れむ会の会長、sympathy for ikinari君だよ! 軽く痛めた左脚の調子がまだ悪く、門前仲町のスポーツ鍼灸院を訪ねることにしたんだ! ここの院長はマラソンに関する書籍も出しているサブ3ランナーで、施術を…

いきなりステーキ蒲田店

やぁ、みんな( ゚д゚ )! ボク、いきなりステーキを憐れむ会の会長、sympathy for ikinari君だよ! 無計画な大量出店によるカニバリズム、戦略のない会員システム、追い詰められてからの会員システムの改悪に次ぐ改悪、ボクを含め多くのプラチナ会員が呆れ、そ…

讃岐屋(護国寺)

オムライス狙いでランチ営業終了間際の栃尾に飛び込むと、「スイマセン、ご飯切れちゃって」とご主人。 なんか肩透かしを喰らったようで、反射的に店を出た。 ランチ難民になりそうなロケーションだが、この日は14時を過ぎても讃岐屋の暖簾が出ていたので無…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 なんだかんだ言って、一番好きなのは小田原の鈴廣かな? 違う、それはかまぼこだ。 熊ぼっこと蒲鉾には何の関係もない。 ところで水曜日は熊ぼっこカレーの日。 先日食べたチャーハンをもってボコ卒(熊ぼっこ卒…

笊そば 蕎すけ(護国寺)

会社の近くにロクな蕎麦屋がないと嘆き続けて幾年月。 あれ? あるじゃん、良さげな蕎麦屋が。 達筆な屋号がよく読めないが、「笊そば蕎すけ」というらしい。 入ってみようっと。 圧倒的にメニューが少いな。 まるでラーメン二郎のよう。 ランチセットお願い…

シルザナ(護国寺)

何も考えずに、ランチに出る。 こういうことは、多々ある。 つまり、空腹に耐えかねて、とか、食べたいものがあって、ではなく、オフィスから出て外の空気を吸いたくなり、無計画にランチに飛び出してしまうことが、私には度々あるのだ。 それが私の傾向だ。…

吉野家

日課の早朝ランニングは、スピードこそ使い分けるものの、距離は10kmが基本。 しかし最近は11km〜12km走ることが多くなっている。 きっかけは母親の手術に伴い、実家に1週間程泊まりこんだこと。 実家から朝ランするときは、先ず中原街道を多摩川方面へ走り…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 正代関って、熊ぼこ出身だってね。 いや、違う。 正代の出身地は熊ぼこではなく、熊本だ。 正代は四股名ではなく本名で、お婆さんの名前は正代正代らしいが、熊ぼこ出身ではないのである。 そんなことはどうで…

三好弥(江戸川橋)

米米米米。 米米米米。 (筋肉少女帯「日本の米」より) ランナーに米は不可欠。 そんな私のチョイスは、江戸川橋のデカ盛り定食屋、三好弥にて半熟オムライス。 味噌汁が付くのが定食屋らしいね。 御椀と比較して、この皿がいかに大きいか、お分かり頂けるだ…

味彩(護国寺)

護国寺の定食屋、味彩。 この店の女将の慇懃丁寧無礼ながら、どことなく愛嬌のある接客を、厳しい審美眼を持ち、接客への拘りの強いサマーな後輩(仮名)がどのように受け止めるのか、非常に興味がある。 さて、ランナーは米を食べるべきと、多くのランナーが…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 熊ブラダー? いや、それでは熊膀胱だ。 熊の肝は強壮に良いと聞いたことがある気がするけど、熊の膀胱は聞いたことがない。 そんなことはどうでもいい。 熊ぼっこの名物はカツあたま定食らしいということを知…

讃岐屋(護国寺)

飲みすぎた翌日は蕎麦が食べたくなるのだが、生憎と職場の近くに旨い蕎麦屋が存在しないのであった。 いや、前日は飲み過ぎだけではなく、食べ過ぎもして、腹の調子も良くはないのだった。 酷い下痢を発症していないだけ、いつもよりはだいぶマシだが。 こん…

味彩(護国寺)

まただ。 またしても激しくお腹を壊した。 確かに前夜は終電まで痛飲した。 刺身もガンガン食べた。 帰宅してからも更に寝酒を少しだけ追加して、午前2時頃に就寝した。 それだけだ。 確かにいささか飲み過ぎなのは認めるに吝かでない。 しかし、だからと言…

讃岐屋(護国寺)

前日に蒲田のお気に入りの居酒屋で、敬愛する哲学的パンクロッカーと痛飲した当然の結果として、激しくお腹を壊したのだった。 腸の調子が超悪いのがデフォルトとなってしまった私、明日はどっちだ? ストレイシープは護国寺のうどん屋を目指す。 木曜日の試…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 処女の熊? それでは熊おぼこだ。 処女の熊とこの店の名前に関係はあるまい。 まさかこの食堂のおばちゃんが、処(以下自粛) さて、値上げである。 3月4日から安さが売りの熊ぼっこでも、遂に値上げを断行すると…

新雅、2連発。(江戸川橋)

フライデーナイトも可愛い元保護犬ふくちゃんの待つ実家に泊まらねばならないのだが、実家の周りに心惹かれる店が少なく、オフィスから駅に向かう途中にダメ元で行列の絶えない超人気の町中華、新雅を覗くと3人待ち。 新雅の3人待ちは、待ちのうちに入らない…

スピットファイア(石川台)

可愛い元保護犬ふくちゃんの待つ実家に早く帰らねばと思うのだが、実家で夕食を摂ると、その間ずっと吠え続けて食べ物を強請るふくちゃんと対峙せねばならず、私は帰り道に実家近くで良さげな店をスマホで探し続けたのであった。 おっ! なんとステーキハウ…