Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

食事

家おでん

思い当たる原因は全くないのに、腹痛と下痢に悩まされた日曜日。 身体に力が入らないので何をする気もおきず、朝から最近触ってなかったベースの調整をして、適当に弾きまくる。 ヘッドフォンアンプから出てくる音は、いなたくも図太く、ああ、良い音するな…

キッチンカー

最近、我がマンションへ訪れるキッチンカーが、増えまくっている。 興味をそそるようなキッチンカーはあまりなく、基本的にスルーしているのだが、ある日「富士宮焼きそば&たこ焼き」というB級グルメファンの心を鷲掴みにするようなジャンクなキッチンカーがや…

栃尾(護国寺)

寒いと老人たちの出足が鈍るのか、せいぜい週一しかとれなかった護国寺の形成外科の予約が、最近は週に二回取れたりする。 そんな訳で、ついでのランチも護国寺方面の比率が必然的に高まる。 この日は町中華の名店、栃尾へ。 某ログの投稿を見ると、驚いたこ…

新橋しのだ寿司 蒲田西口店

三連休の中日も元気に走ります。 しかし15km走るつもりがコンディション不良で11kmで切上げる。 眩暈とフラツキ、どうも貧血が疑われる。血の気の多かったこの俺様が、貧血とは、トホホ...。しかし調べれば調べるほどに、ランナーと貧血は切っても切れない縁…

仕事初め、吉野家初め。

2021~2022の冬休みは土日がインクルードされたことで、短め。 休みは相対的に短かったものの閑職の悦び、久々の出勤にも関わらず溜まっている仕事は皆無で、昼休みに私は悠々と護国寺の形成外科へ向かい、腰と脚のリハビリなど受ける。 その後のランチは吉…

華栄(矢口)

色々あったものの無事に冬休みに入りまして、初日からたっぷりと寝て、昼過ぎから走りに行って、その後、矢口の草津湯で湯治。 からの早めの夕食は、矢口の町中華、華栄にて。 ビール。 ん?生ビールの広告、ビールを持ってるのは華栄の店主じゃないかwww! …

栃尾(護国寺)

2021年出勤最終日、護国寺の形成外科でのリハビリ納めに続いて、ランチは護国寺の町中華の名店、栃尾にて。 ラーメン。 半チャーハン。 節香る優しい醤油スープに細麺の、いかにも町中華的なラーメン。 そして米所、新潟県の栃尾を屋号に冠するだけのある、…

糖質チャージ的吉野家

昼休みに会社を抜け出し、近所の形成外科にて下半身のリハビリを。 牛丼、あたまの大盛、生卵、しじみ汁。 ところで、しじみ汁っていつからメニューに加わったのだろうか? 飲酒習慣のある私には、しじみに含まれるオルニチンがありがたい。 やはりライザッ…

天かめ 江戸川橋店

月曜日の午後イチからの下らない会議で昼飯を食い損ね、会議が終わった時間には巌哲の昼営業が既に終わっており、私は消去法的に立ち食いそばの天かめ江戸川橋店に行くことにした。洋風カレーセット(560円)+生卵(60円)+ゲソ天(130円)。 わざわざ洋風と名乗る…

キッチンヨッチ(江戸川橋)

新宿区山吹町の路地裏に佇むカレーの店、ヨッチ。 かつて神保町にあったキッチン南海の流れを汲む、大衆系B級カレーの名店である。 実は札幌ラーメンの三ん寅を目指したこの日、ランチ営業終了間際にも関わらず7人が並んでおり、付き合いきれないと踵を返し…

華栄(矢口)

土曜日はジョグ、草津湯、ラーメンビッグの後に、夜から西荻窪まで飲みに行くという変則スケジュール。 珍しくもあり懐かしくもあるメンツとの久し振りの飲みに時を忘れていたら、ギリギリで終電を逃してしまい、行けるところまで行こうと行き着いた終着駅で…

栃尾(護国寺)

昼休み、会社を抜け出し護国寺の形成外科にて腰と下半身のリハビリを。 ついでのランチに護国寺の町中華の名店、栃尾を目指します。 みそラーメン、直射日光で陰影がつき、上手く撮れない。 野菜たっぷり、正しき町中華の味噌ラーメンといった趣で、悪くない…

ふじ芳(両国)

昔の仲間たちと忘年会的な飲み会。 お店は両国のふじ芳という、ウズラ鍋の名店。 この店、長らく浅草橋で営業していたのだが、数年前に両国に移転したのだった。 浅草橋時代に何度か予約を試みるもいずれの機会も満席で、これが初訪問であります。 どん!刺…

糖質無制限吉野家

昼休み、会社を抜け出し護国寺の形成外科にて腰と下半身のリハビリ。 寒くなってきたからか、若干調子の悪い今日この頃である。 リハビリを終えたらついでのランチは吉野家で。 いつものライザップ牛サラダを頼もうとして、ふと、そうか、今朝も11km走ったの…

華栄(矢口)

感謝される程労働に勤しんでいない私にも、平等に勤労感謝の日は訪れる。 労働には勤しんでいないながらも、肉体的、それ以上に精神的に疲労が溜まっており、前日の冷たい雨とは打って変わって絶好の釣り日和予報だったが、私は惰眠を貪ることを選んだ。 勤…

龍朋(神楽坂)

13時からの会議の前に昼御飯を食べられず、14時半にようやくランチに向けて会社を出た。 この時間だと通し営業の店しか狙えない時間帯だが、生憎とこの日は月曜日。 通し営業の護国寺MENSHOも、昼営業15時半までのBASSOも、定休日なのである。 少し考えて向…

庵(下丸子)

東京都大田区下丸子の路地裏にひっそりと佇むたこ焼きと唐揚げの店、庵。 完全に大阪クオリティのフワトロたこ焼きに、たっぷりの油で揚げる家庭で作るのは難しいクオリティの唐揚げ、一言で言うならば素晴らしい店であります。 たこ焼き4個をツマミにビール…

華栄(矢口)

日曜日。 ベースを弾きながらテレビを見るともなく眺め、昼過ぎから走りに出掛けた。 キロ6分40秒からキロ5分半まで上げる軽めのビルドアップ走で15km+ダウンジョグ500m。 あれ?左踵と右の足の裏が痛い。もしかしてまたやってしまったかしら...。 とりあえ…

栃尾(護国寺)

昼休み、会社を抜け出し護国寺の形成外科でリハビリを。 ついでのランチにまたしても護国寺の町中華、栃尾へ。 福島みずほの呪いを断ち切るべく、オムライスをオーダーしたところ、ランチタイムはやっていないとのことで断られた。 恐ろしきかな、福島みずほ…

華栄(矢口)

日曜日は19kmのロング走を。 しかし、膝の状態が万全でないので、ペースはあくまでもゆっくりと、である。 全く痛みが出なかったので、ラスト5kmはビルドアップ走になっちゃいましたけどね、へへへ。 ...本当に懲りない私であります。 ランニングウェアを洗…

しぶそば蒲田店

深酒した翌日は、何故だか蕎麦を食べたくなる。 飲んだ後の締めのラーメン、すなわち締めラーに対して、迎えソバと言われるものである。 というのは今思い付いた嘘です。 しぶそば蒲田店は晩秋の新そば祭開催中。 おっ、こりゃ旨そうだ。 九条ねぎとかき揚げ…

栃尾(護国寺)

昼休み、会社を抜け出し護国寺の形成外科にてリハビリを。 ついでのランチに護国寺の町中華、栃尾を目指す。 前日訪れた矢口の町中華、華栄の記憶新しく、身体は町中華モードが継続中だったのである。 半チャンラーメン、900円。 細麺に優しい醤油スープのTH…

華栄(矢口渡)

日曜日はたっぷりと寝て、昼頃からジョグに繰り出す。 左膝に違和感が残っていたので、1km7分近いゆっくりペースで17km弱のリハビリ・ジョグ。イライラするような速度だけど、スロージョグは体力維持と患部のケアの為にとても大事なのである(受け売り)。 洗…

テンユー・アッパ(矢口渡)

最愛の温泉銭湯、草津湯にて走った後の身体のケア。 銭湯を出て、早めのディナーに蒲田に向かおうと駅まで歩く道すがら、ネパール料理屋があったので寄ってみた。 日本のネパール料理店の多くは名ばかりで、ネパール人の作るインド料理を提供する店が殆どだ…

常寿司(駒込)

緊急事態宣言の解除とは、今まで強いられた我慢の解除でもある。 そんな訳で、各々が別々の部署に散った元部下たちと、旧交を温めつつ情報を交換する食事会を、大好きな寿司屋で催した。 20代(♀)、30代(♀)、40代(♂)、50代(♂)と部署のみならず年齢も性別もバ…

十割蕎麦 奈賀井(上田市)

松本空港から国道143号線を走って上田に向かう。 道沿いには店の類いは殆どなく、トンネルと峠道が続くのみ。中信と東信を結ぶ山越えルートだ。 腹減ったなぁと漠然と感じ始めた頃、唐突に蕎麦屋が現れた。 それがこの奈賀井。 鹿教湯温泉付近の何もない不便…

ご褒美ランチ・・・石切橋はし本

取引先からの無茶振り、なんとか応えようと出来る限りの手を尽くしたところ、なんとかなってしまったのだった。 これは短期的な視点で見れば良かったと言えるのだが、長期的な視野で捉えた場合、無茶なお願いをしても応えてもらえるかもしれないとの認識を取…

秋もアイスの季節

やぁ、みんな(・∀・)ノ ボク、エッセル君だよ! ボクは表計算ソフトが大得意なんだ! ...。 おっと、間違えた、それはマイクロソフトのエクセル、ボクが好きなのはエッセルスーパーカップなんだ! それが故のエッセル君なんだけどね、ハハハ! すっかり季節…

しぶそば 蒲田店

日曜日。 一週前に15km走を敢行したつもりが、13.5kmで終えてしまった反省を活かし、キッチリと15kmをビルドアップで走ります。 矢口の温泉銭湯に浸かりたいところだけど、生憎と荷物の受け取りがあり時間的余裕がない。 シャワーで済ませて蒲田へ向かい、遅…

デスクで頂く出前のうなぎ

四半期決算の予算の帳尻合わせで、ふるまわれた鰻。 私もご相伴にあすがった。 しかし、なんとも味気ないものですな。 会社のデスクで頂く鰻は、鰻に対する冒涜のように思えなくもない。 来月には美味しいものを美味しい環境で頂くことができるだろうか?