Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

酒場探訪

酒場ふくろ(池袋)

月に一度程度は池袋で自己研鑽なるものを行う。 そのついでに酒場ふくろに寄るのもルーティン化してしまったようだ。 まずは瓶ビールから。酒場ふくろの瓶ビールは、スーパードライの大瓶だ。銘柄✕、サイズ◯。 冬の風物詩、湯豆腐。 元々豊富なお一人様用鍋…

もつ焼きでん蒲田店

会社帰りにふと思い立ち、蒲田のもつ焼きでんに立ち寄り。 赤星の大瓶を頂きます。 美味しいもつ焼き屋を見分けるリトマス試験紙、マカロニサラダ。合格。 今日もありつけました、美味豚ナンコツ煮。 個人的には外すことの出来ないあぶら刺。 みんな大好きバ…

もつ焼きでん蒲田店

会社帰りに蒲田のもつ焼きでんへ。 会社帰りに独りで飲みに行くというのも、考えてみれば実に久し振りである。 店内はほぼ満席、なんとなく人気店の風格が漂い始めているような気がする。 まずは瓶ビール、赤星の大瓶から。 今日もありつけたナンコツ煮。旨…

そかろ(護国寺)

緊急焼鳥飲み会の召集令状がサマーな後輩(仮名)から届き、護国寺のそかろへ。 ソムリエ資格を持つおっとり系美人女将と、料理担当の強面大将のコントラストが印象的な名店である。 ビールで乾杯の後に、串7本おまかせを。 美味しい焼鳥とは、見るからに美味…

もつ焼きでん 蒲田店

一仕事終えて開店直後のもつ焼きでん蒲田店に突入。 瓶ビールは赤星大瓶。 嬉しいなぁ。 あぶら刺。安定の旨さ。 いつも品切れ、やっと食べられた豚ナンコツ煮。こりゃ旨い。 みんな大好きバイスサワー。 てっぽう。 網れば。 この日の串は塩分も耐えられな…

旨いもんや 和かし(諏訪市)

ハルピンラーメンを食べ終えると、辺りはもう薄暗くなり始めていた。 観光するにも遅すぎるし、本日のお宿、諏訪湖湖畔に佇む民宿あひるにチェックイン。 素泊まり専門の民宿だが、源泉掛け流しの温泉完備、8畳の和室一人占めして3000円強のリーズナブルプラ…

もつ焼き でん 蒲田店

水道橋の名店、もつ焼きでんがいつの間にか蒲田に進出しているというので、会社帰りに寄ってみた。 ちなみにでんの数軒先には、釣りとラーメンと将棋をこよなく愛する横浜の御仁のブログでお馴染みの立ち飲み屋、国民酒場じぃえんとるまんの蒲田店もいつの間…

居食房とりい(白浜)

ホテル・カームの近くには、食事が出来るところが少ないそうで、車で出掛けることを勧められたが、ビールの飲めない夕食、しかも17キロ走った後にビールが飲めない夕食なんて、有り得ないのである。 フロントで教えてもらった最寄りの居酒屋まで、暗い夜道を…

地ビールレストランGRAND✕TABLE(御殿場)

御殿場高原ホテルの別館に素泊まり。 go toトラベルのお陰でなんと3000円、バンコクの2つ星ホテルよりも安い。 夕食は敷地内のビアレストランへ。 ヴァイツェン中ピッチャー、800ml。 出張でドイツに行った際は、ドイツ人にも呆れられるほどにヴァイツェンば…

鯉西つけば小屋(上田)

諏訪湖ランを終え、すわっこランドという悲惨極まりない名前の温泉にのんびりと浸かり、一息ついたところで出発。 行き先は自宅と真逆の上田だ。 折角長野まで来たのだから、長野に半移住してワイン作りに励む盟友・DDVセンパイ(仮名)と酒を酌み交わしたかっ…

和家(信濃大町)

いやー、驚いた。 平日だというのにホテルは大にぎわい。 ほぼ満室ではなかろうか? 食べログで調べた人気の居酒屋は開店直後にも関わらず予約で満席と断られる始末、2軒目は1時間待ちと言われ、3軒目でようやく夕食にありつけた。 これじゃgo toトラベルと…

割烹 清水(神楽坂)

会社の5年後の在るべき姿を話し合おうと、優秀だけど社交性の著しく低い部下二人と秘密会議。 しかし、ヴィジョンの共有でしか未来を作ることが出来ないことが嫌というほど身に染みている私には、どうしても必要な会合なのである。 先付、玉子豆腐とウニ。 …

酒場ふくろ

1月に一度か二度は池袋での自己研鑽を。 コロナ禍は私のモチベーションを奪うが、コロナ後の世界を見据えて粛々と続けるのみ。 そして池袋を訪れるとどうしても酒場ふくろの暖簾をくぐりたくなる条件反射。 これも自己研鑽の一環なのである。 ビールとお通し…

もつ焼きでん 西小山店

水道橋の名店、もつ焼きでんが城南地区に進出しているという。 愛すべき我が街、蒲田にも出店していることを知ったが、この日は訳あって西小山店へ。 駅を出てから詳しく場所を調べようと思っていたら、調べるまでもなく改札を出たすぐ目の前にありましたよ…

結局魚市。(彦根)

今夜こそ鮒寿司を食べようと、食べログを駆使して見つけた人気の割烹に開店時間に合わせて突撃するも、入口の扉には「本日予約で満席」との無情な貼り紙、店内を見ることなく撃沈。 バックアッププランで見つけておいた居酒屋へ向かうも、こちらは臨時休業。 …

魚市(彦根)

鮒寿司を食べたいと、スマホを駆使してホテルから徒歩圏内にある寿司割烹を訪ねたのだが、目当ての鮒寿司はなかった。 お通しは、うろりの佃煮。 うろり、とは、琵琶湖に棲む淡水魚の稚魚とのこと。 鮒寿司の代わりとばかりに頼んだのは、鰻箱寿司。 つまり…

清水(神楽坂)

秘密の会合@神楽坂。 古民家をリノベーションした和食の店、清水にて。 お通し。 前菜。 日本酒。八男(やつお)。純米酒。 初めて飲む銘柄だが、パンチが効いていて、かつ繊細な食事とも合う。気に入った。 雲丹茶碗蒸し。 日本酒。酒を売る犬酒を造る猫。純…

いとや(蒲田)

土曜日。 前日の深酒が祟り、ようやく起きたのは昼過ぎだった。 何をする気もおきず、ソファーでベースを掻き鳴らす。 新曲の断片らしきアイデアが浮かぶも、これを曲まで昇華出来るかは未知数だ。 雨が止んだのを見計らい、アルコールを抜くためにジョグに…

酒場ふくろ(池袋)

いつまで続くかはわからないが、月に一度程度のペースで池袋で自己研鑽を再開することにした。 となると、こちらの酒場とも付き合いが再開することとなる。 酒場ふくろ。 まずはいつもの瓶ビール。 パンの耳のように見えるが、これは厚揚げであります。 ウニ…

いとや(蒲田)

所用で午後半休、用事が済んだ後には殺伐とした気持ちだけが残り、気分転換に久し振りに蒲田のいとや訪問。 口開けはいつも瓶ビール。 あったら頼みたい、豚なんこつ煮。 飲み物は埼玉屋インスパイアのレモンサワーへチェンジ。 アブラ刺し。これも旨い。 焼…

かつ田~新宮市飲み屋事情

初心者は卒業したので、今日は熟成の進んだ6ヶ月もの馴れ鮓を食べようと東宝茶屋に行ったのだが、7時半なのに既に暖簾が仕舞われていた。 店内に灯りは点いているものの、常連ぶって扉を開けるのは流石に憚られて、他の店に行くことにした。 やって来たのは…

新宮市飲み屋事情~東宝茶屋

16時過ぎにホテルニューパレスにチェックイン、16時半のオープンと同時に一番風呂へ。 まるで銭湯のような広さの清潔な風呂、気分爽快である。 18時前には早くも夕食タイム、狙いを定めていた東宝茶屋へ。 中の様子が窺い知れずに怯みかかったけど、エイヤッ…

DD-Vine Yard ~大人の社会科見学

米津玄師のニューアルバムはストレイシープというタイトルだそうだが、何を隠そう私の愛車もストレイシープ号という。 今年のお盆休みは東京オリンピックシフトで会社自体が9連休、しかし世の中はコロナ一色で自粛ムード。 そんな状況下だが、私は自粛警察の…

酒場ふくろ(池袋)

久し振りに、本当に久し振りに池袋にて自己研鑽を。 コロナ禍で世界は一変し、自己研鑽へのモチベーションは全く上がらないが、それはそれとして。 池袋もクラスターが発生したりして、この街に長居は無用なのは間違いないが、馴染みの店が気になる。 という…

旬門(米子)

前日入店が叶わなかった米子駅前の人気居酒屋、旬門トライ・アゲイン。 無事に入れました。 生ビールはサントリー。 お通しのつぶ貝がでかい。 鰆の刺身。 普通に旨い。 ネギの天ぷら。 めちゃくちゃ旨い。 大山地鶏の炙り焼き。 予め大根おろしとポン酢がか…

米子食事事情・・・庄屋

地方都市ではよくあるケースだが、繁華街は駅から離れていることが多い。 調べてみると、米子の繁華街、朝日町も駅から 1.5kmほど離れていた。 私が泊まっていた駅前のスーパーホテル米子の周りにもチラホラ食事出来るところはあるが、折角なので朝日町まで…

GRIKEN(東十条)

埼玉屋を出たサマーな後輩(仮名)と私は、東十条商店街を北上し、半年前に埼玉屋を訪れた際の二次会に使ったイタリアン、GRIKENにたどり着いた。 最初はテーブル席に案内されたのだが、埼玉屋で鱈腹食べたばかりなので、ワインと軽いおつまみだけでいいと告げ…

埼玉屋(東十条)

揃って午後半休を取得して、サマーな後輩(仮名)と埼玉屋へ。 半年振りの聖地巡礼、気合いの入った我々が一番乗りであります。 大将の激情型もつ焼き劇場は相変わらず。 大将とジュニアの御託宣を拝聴するために、我々の会話はしばしば中断を余儀なくされる。…

酒場ふくろ(池袋)

こんなご時世ですが、久々に池袋で自己研鑽など。 しかし今回を区切りに、暫くは自粛せざるを得ない状況だ。 自宅PCの調子が悪く、リモートで研鑽を続けるならばまずは新しいPCを買わねばならぬ。 さて、非常事態宣言下ではあるけれど、私には喫緊の課題とし…

酒場ふくろ(池袋)

これが最後かもしれない、と言った前回の訪問から僅か一週間後のフライデーナイトに、私は酒場ふくろのカウンターに居た。 池袋を訪れる頻度は下がろうとも、池袋と全く無縁になるわけではないのだ。 口開けは今宵もスーパードライ。 冬のマスト、湯豆腐。 …