Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

酒場探訪

酒場ふくろ(池袋)

長年、と言ってもたかだか5,6年のことだけど、研鑽を積むために通っていた池袋の街とのお別れが近付いている。 池袋は職場からは近くて通いやすいのだが、オフィスから見ると我が家と正反対の方向にある。 管理部門に異動となり勤務時間のフレキシビリティが…

もつ焼きばん(祐天寺)

都立大学に住む会社のパイセンと久し振りに飲もうという話になり、となれば目指すは祐天寺のもつ焼きばん一択である。 頻繁に通っている時期もあったけど、東横線が副都心線と相互乗り入れを開始して以来、なんとなく足が遠ざかってしまった。 久し振りに歩…

菜る瀬(豊島区南長崎)

馴染みの広告代理店の方に一仕事終えた打ち上げ的な接待にお誘い頂き、豊島区南長崎という全く馴染みのない街にある割烹へ。 菜る瀬。 渋い名前である。 庶民的な街の庶民的な店構えの小さな割烹、でも女将さんはきちんとした和装。 拘りが強そうで良いです…

GRIKEN(東十条)

JRの線路に沿って北上する形で商店街の外れに見つけたるはイタリアン。 リーズナブルっぽいし、ここにしようと予備知識もなく飛び込む。 昔はモツ焼きの後もひたすらビールと焼酎を飲んでいた我々も、最近は2軒目はワインをセレクトすることが多い。 立派な…

埼玉屋(東十条)

季節外れの大雨の火曜日は、揃って半休を取得してサマーな後輩(仮名)と東十条の名店、埼玉屋参詣。 荒天を嫌ってか開店直後は空席多数であります。 サマーな後輩(仮名)は生ビール、私は生ホッピーからスタート。 生ホッピーは瓶のホッピーとは全く異なる風味…

お伊勢詣り・・・いせや總本店(吉祥寺)

牛に引かれてお伊勢参り。 あ、それは長野か。 とにかく久し振りのいせや参詣である。 特に三店舗あるいせやのなかでも、總本店は最も足が向かない店で、ここに限っては恐らく10年振りぐらいではなかろうか? 生ビールではなく大瓶頼むのがいせやの流儀。 シ…

あほう鳥(神楽坂)

良質な焼鳥をお手頃な価格で楽しめる神楽坂の名店、あほう鳥が移転した。 移転、と言っても遠く離れた場所ではなく、元の店の向かいのビルの3階に、である。 狭く汚い店舗は、広く明るい店舗に変わり、ある種の趣が消えてしまった感もなきにしもあらず。 ま…

焼きとりの藏(鹿児島)

おいどん、法事で鹿児島にやって来たのでごわす。 急遽決めたので最終便しか取れず、鹿児島中央駅近くのホテルにチェックインしたのは22時過ぎでごわす。 夕食まだなのでホテルの近くの焼鳥屋に予備知識なく突入でごわす。 ビールでごわす。 鳥刺しでごわす…

西口やきとん(浅草橋)

鶯谷にライヴを観に行く前に、浅草橋の西口やきとんに寄って軽く腹拵え。 ウーロンハイと名物塩煮込み。 これまた名物の皿ナンコツ。 白獅子。 バイスサワー。 締めて1350円のリーズナブル・プライス。 一時は頻繁に通っていたけれど、腰痛とお友達になって…

その老舗、異変あり。・・・米山(赤羽)

開店30分前に到着すると我々(と言うのは私とDDVセンパイ(仮名)のことである)がポール・ポジションであった。ラッキー。 しかし後続の客が全く現れず、開店の時には他に一組の男性二人組がいただけ、行列必至のあの赤羽米山が、なんと僅かに客4人のみ、空席多…