Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

ラーメンビッグ(矢口)

最近早寝早起き傾向が強まり、平日2時とか3時に目が覚めてしまいその後上手く眠れず、結果的に睡眠が足りない日がチラホラ。

しかも眠りが浅くなったからか、睡眠時間そのものが若い頃より長くなっている。正確に言うならば、睡眠時間というよりも、ベッドにいる時間と言った方が正解だろう。

質が悪化しただけ、量が必要となる、これも老化のひとつの形だ。

 

そんな訳で、前夜8時過ぎには床についたのに、二度寝三度寝を繰り返し、土曜日ようやく起きたのは8時半だった。

 

午前中に配達指定した荷物を受け取り、天気が良いので大物の洗濯をし、昼過ぎからジョグに繰り出す。

 

ペースが上がらないように気を付けつつ14.5km、95分のユルジョグだ。

TAKEアスリート鍼灸院のTAKE先生に言われた1km8分~8分半よりはかなり速いペースだけど、疲労が抜けているかどうかひとまず置いといて、怪我をすることなく体力は維持出来る速度のランニングだとは思う。

 

しかし、走ったことにより怪我をして、鍼灸院で治療して、怪我を気にしながらそれでも走っているのは、何故なのだろうか?

我ながら阿保なのではないだろうか?

 

最愛の温泉銭湯、草津湯にて走った後の身体のケア。これも土日に走る時のルーティンである。

緊急事態宣言が解除されたからなのか、最近気温が下がってきたからなのか、或いはその両方か、このところの草津湯はいつも大混雑の芋洗い状態で、ストレスを解消するそばから異なる種類のストレスを溜めているような状態である。

とにもかくにも客の民度が著しく低いのだ。

 

ロビーで唯一空いていた椅子を確保し、スーパードライの大瓶を飲む。

 

さて、早めのディナーは久し振りのあの店で!


f:id:OKComputer:20211114084526j:image

と訪れたるは、矢口のラーメンビッグであります。

セルフサービスのスーパードライ中瓶を飲みながら着丼を待つ。


f:id:OKComputer:20211114084537j:image

オーダーはチャーシュー麺並麺硬め(850円)+ホウレン草(100円)。

ライトな豚骨醤油がウリのラーショ系の中でもひときわライトなスープに細麺がラーメン・ビッグの特徴だ。

旨い。しみじみと旨い。

増したクタクタのホウレン草も、出涸らし系ホロホロチャーシューも旨い。

 

ラーショの代名詞とも言えるクマノテまとった白髪ネギがないのは残念だけど、それでも地元に根差した良い店であるこもに変わりはない。

何しろ私の隣の席では、年の頃80前後のお婆さんが、瓶ビールを飲みながら、ワンコインラーメンをゆったりと啜っていらした。

ラーメン専門店らしからぬ、このほのぼの感は素晴らしい。

 

と言いつつもそろそろハードコア系ラーショ、ラーメンショップ大師店か上野毛のなかむら屋に行きたいなぁ。

 

以上。