Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口渡)

久し振りにテレワークにしたとある日。

しかし、朝から飛び込み案件が続き、珍しくバタバタとしてしまった。

 

更に午後からはオンラインでのセミナー受講まであり、ランチを摂る暇もなく夕方に。

 

通し営業の店しか選べない状況、真っ先に思い浮かんだのは矢口渡のラーメンビッグだ。


f:id:OKComputer:20220708090633j:image

黄金色に輝く泡立つ炭酸飲料を1口飲んだところで着丼。

早い、安い、旨いのキャッチフレーズに偽りなし。


f:id:OKComputer:20220708090647j:image

チャーシュー麺(麺硬め)+ホウレン草。

一言で述べれば、いつものヤツ。

卓上のおろしニンニクを小匙一杯投入してからいただきます!

 

殊更ライトな豚骨醤油スープに頼りない縮れ細麺、出涸らし系ホロホロチャーシューに、クタクタのホウレン草。

一杯の丼の名かに完璧な調和がある。

旨い。

しみじみと旨い。

 

麺を啜り、チャーシューにかぶり付き、スープを飲んで、更に黄金色に輝く泡立つ炭酸飲料を流し込む。

至福である。

 

ラーショ寄りだけど、なかなか独自性の高いラーメン・ビッグ、冷静に考えてみればありそうで無いというか、実は何にも似ていないというか、いつしか私の中で確固たるポジションを築いた感がある。

つまりは私のラーメン・ポートフォリオから欠かせないのだ。

 

わざわざ遠征して食べに行くようなラーメンではないけど、地元にあるのが有難い、そんな地域密着型のラーメンビッグ、大好きです。

 

ごちそうさまでした、ビッグ・ボスに告げて店を出る。

また近々お世話になります。