Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

ラーメン ビッグ(矢口)

前夜9時前には寝たはずなのに、土曜日起きると既に8時近く。

夜中というか明け方に一度トイレに起きたけど、トータルで10時間以上は寝てしまった計算だ。

本当にこの数年のロングスリーパーぶりは酷い。

かつて慢性的に不眠症気味だった私は、最早存在しない。

 

10時頃に着替えてジョグへ繰り出す。10時間も眠るということは疲労が溜まっているに違いなく、キロ6分半より遅いペースを維持して15kmの疲労抜きジョグ。

最初の5kmぐらいでいい感じに疲労を抜き、残り10kmで元気をチャージするイメージで走る。こういう意識も自己暗示的であり、とても大事であるような気がする。

 

ジョグ前に回しておいた洗濯機から洗い終えた服を取り出し、汗で濡れたランニングウェアを代わりに放り込み、シャワーで汗を流し、洗濯物を干したら、矢口に向けて家を出る。

昼下がりの草津湯は大混雑までには至らず、マイペースで入浴出来るのはいいのだが、早い時間帯の故か、客の大半はリタイヤメント・シニアーズで、まぁ彼等の民度が目を覆いたくなるほどに酷い。

いちいち気に触ったり、注意したりするよりは、想像力とセンシティビティを遮断する方が楽なので、うつむき加減に風呂に入る。

彼等を反面教師に、私は清潔感溢れる上品で可愛い老人になろうと決める。

 

ロビーでスーパードライの大瓶を空け、充分に寛いだ後は、矢口の良心、ラーメンビッグに向かいます。


f:id:OKComputer:20211205020144j:image

オーダーはチャーシュー麺並麺硬め(850円)+ホウレン草(100円)。

ライトなラーショ系のなかでも殊更ライトは豚骨醤油スープに大橋製麺の細麺。出涸らし系ホロホロチャーシューに、くたくたのほうれん草。

糖質チャージ、塩分チャージ、たんぱく質チャージ、鉄分とビタミンチャージ、まさにこれは走った後の完全食である。

麺量は増さずに、チャーシューとほうれん草を増すのがランニング後の栄養バランスの面では吉であろう。

 

御託宣の並ぶラーメン専門店も勿論悪くはないのだけれど、シンプルで何も語らず地元に根差すラーメン専門店というのも、潔くて実に良いものである。

 

地元の名店、断固支持。