Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

ラーメンビッグ(矢口)

土曜日のルーティン。

 

朝から走って、洗濯してからの矢口の草津湯。
f:id:OKComputer:20211211145027j:image

天然黒湯温泉、各種マッサージ風呂、温冷交代浴、サウナと水風呂で整えて、風呂上がりにロビーでスーパードライの大瓶をいただくまでが、草津湯におけるルーティンであります。

 

さて、それではランチもこのところの土曜日のルーティンと化している、矢口の良心ラーメンビッグにいってみよう。


f:id:OKComputer:20211211145042j:image

セルフサービスのビールを冷蔵庫から出して、飲みながら着丼を待つ。


f:id:OKComputer:20211211145051j:image

オーダーはこれまたいつものチャーシュー麺並麺硬め(850円)+ほうれん草(100円)。

卓上のおろしニンニクを入れてから頂きます。

 

ライトな豚骨醤油がウリのラーショ系のなかでも、殊更ライトなラーメンビッグのスープ。

これが大橋製麺の頼りない細麺とマッチして実に旨い。

出涸らしホロホロチャーシューも、茹ですぎクタクタほうれん草も、丼の中で調和してとても旨い。

 

麺で糖質補給、スープで塩分補給、チャーシューでたんぱく質補給、ほうれん草でビタミンと鉄分補給、ランニングで失われる栄養素を効率的に摂取出来るこのメニューは、走った後の完全食だ。


f:id:OKComputer:20211211145103j:image

冬晴れの矢口の街。

灼熱でだらけてボヤけた夏の景色よりも、引き締まった冬の光景が好きだ。