Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口)

また土曜日がきた。

また10時間以上も寝てしまった。

10時過ぎから走りに出掛けた。

前日は雨が降っていたので一週間ぶりにランオフ、そのお陰で快調に走れるかと思いきや、1日休んだことで走り方を少し忘れていた。

のみならず、身体の奥から溜まりに溜まったタチの悪い疲労が染み出てくるように感じられ、とにかく身体がやたらと重く、最初の5kmは殊更ゆっくりと走った。

疲労には、身体的なものと精神的なものがあるが、疲労抜きジョグは身体由来の疲労にも、精神由来の疲労にも、どちらにも効果がある。

毎朝ゆっくりとはいえ10km走っていれば多少は蓄積する身体的疲労があるだろうし、毎日みすぼらしい人間のみすぼらしい愚痴や被害妄想を延々と聞かされていれば、精神的疲労は相当に溜まっているに違いないのだ。

 

6km程で全ての疲労が抜けたかのように身体が軽く感じられ、そこからは元気をチャージするイメージで走る。すると本当に元気がチャージされる気がするから不思議。

これで来週も乗り切れる。

 

15kmのランニングを終えると気分も身体も爽快、洗濯を済ませ、軽くシャワーを浴びてから、いつもの草津湯で湯治など。


f:id:OKComputer:20211218153833j:image

天然黒湯温泉、温冷交代浴、各種マッサージ風呂、サウナに水風呂で整えてから、風呂上がりにロビーでスーパードライの大瓶を飲むところまでが湯治であります。

 

さて、その後は遅めのランチにいつものところへ。


f:id:OKComputer:20211218153858j:image

ラーメンビッグ。

チャーシュー麺並麺硬め(850円)、ほうれん草(100円)。卓上のおろしニンニクを小匙一杯入れてから頂きます。

旨い。しみじみと旨い。

ライトな豚骨醤油のラーショ系のなかでもひときわライトなラーメンビッグ、驚くような旨さはないけれど、古き良きホッとする味のラーメンである。

塩分、糖質、たんぱく質、ビタミン、鉄分、ランニングの後に必須の栄養素を効率的に摂取できる点も好ましい。


f:id:OKComputer:20211218153907j:image

つくづく良い店だなぁと思う。

ラーショに欠かせない、謎の調味料クマノテを纏った白髪ネギがないのが残念ではあるが、画竜点睛を欠くある種の残念さが、逆にこの店の魅力に昇華されているような気がしないでもない。

いささか判官贔屓的な発想かもしれないけど。