Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

巌哲(早稲田)

暑い。

日課のランニングが拷問のように感じられる程に暑い。
f:id:OKComputer:20220624193119j:image

神田川沿いの桜並木は、今にもセミが鳴き出しそうな陽気だ。

もう梅雨は明けたのではなかろうか?

早稲田への散歩も罰ゲームに感じられる程に暑い。

 

冷たい麺が食べたい陽気だ。

いや、冷たい麺、一択だ。


f:id:OKComputer:20220624193132j:image

そんな訳で、早稲田までてくてく歩いて、巌哲さんの盛り300gを頂きます。

前回思わぬ苦戦を強いられた300gだが、この日は楽勝でいけそうな気がする。

 

シンプルだからこそ誤魔化しの一切きかない盛り。その名の通り、盛りの美しさが際立つ。

旨い。ひたすらに旨い。

茹でた麺を冷水で締め、水切をした後にオイルを一振、それを店主自らがゴツイ手で丁寧に解して綺麗に盛り付けていく。

だからこそ麺同士がくっつくなどいうことも起こらず、最後まで気持ちよく啜り続けることが出来るのだ。

 

無心で啜り、肉にかぶり付き、余裕で完食。

その後蕎麦湯のようなスープ割を貰ってフィニッシュ。

 

完璧だ。

夏はソーメン、冷や麦、盛りがいい。

 

実際にこの訪問の3日後に、気象庁は関東地方の梅雨明けを宣言し、史上最も短い梅雨となった2022。

夏が苦手な私には決して嬉しいニュースではないが、盛りが旨い季節が長くなったと思って自らをなぐさめる。