Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

鯉西(上田)

三度目の上田訪問で、三度目の鯉西である。

清流千曲川の恵み、ここでしか味わうことの出来ないローカルフードは正に絶品。

美味しいワインが旅をしないように、美味しいローカルフードも決して旅をしないのだ。


f:id:OKComputer:20210411202408j:image

鯉の刺身と鯉の洗いの食べ比べ。臭みゼロ。旨味濃厚。刺身と洗いの食感と食味の違いは、甲乙をつけるのではなく、どちらも味わうべきものだ。

 

つなぎにドジョウの唐揚げもらってビールをグイグイ。

嗚呼、労働の後のビールは旨いなぁ。

そしてビールとドジョウは合うなぁ。


f:id:OKComputer:20210411202421j:image

これなーんだ?

小型ブラックバスの半身の唐揚げである。

淀んだ沼に棲み着くイメージの強いブラックバス、清流千曲川にも多数いるそうなのだ。

但し 2019年の台風による大増水で下流に流されたのか、上田近辺での個体数は減っているという。

これも白身で、小さいが故に頭からバリバリ食べられて、本当に旨いのであった。


f:id:OKComputer:20210411202434j:image

合わせますはイワナの骨酒。

出汁と塩分がとけだした熱燗は、えもいわれぬ旨さ。

最高だなぁ!おかわり!そして更におかわり!


f:id:OKComputer:20210411202445j:image

締めは勿論鯉こくであります。

大振りの子持ち鯉がたっぷり入った鯉こく、トロトロの身も、パツパツの真子も、信州味噌薫る汁も、最高過ぎるのである。

 

幸せ。

 

まん防適用外の長野県上田市でも、20時ラストオーダーの鯉西。

コロナは既に全国規模、負けずに乗り切ろうではないか!

 

DDVセンパイともこれにてお開き。

私はコンビニでビールとワインとツマミを買い求め、部屋で独り二次会など。

 

楽しかった今日という日を噛みしめながら、上田の夜は静かに更けていく。