Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

MENSHO(護国寺)

護国寺の形成外科にて恒例のリハビリ。

その後にこれも半ば恒例と化しているMENSHOでランチ。

 

つけ麺な気分だったのだが、期間限定メニューが提供されているのを発見して急遽作戦変更だ。


f:id:OKComputer:20220510133405j:image

それがこちら、手打ちビャンビャンつけ麺。

ビャンビャン麺、初体験。

レギュラーのつけ麺同様、先に麺がサーブされる。まずは塩のみで手打ち麺を味わう。

なんだか、麺というより、すいとんのようだ。


f:id:OKComputer:20220510133414j:image

ワンテンポ遅れてサーブされたスープは、ドライトマトが入っていないけど、基本的にレギュラーのつけ麺と同じものかな?

汁に浸すと、よりすいとん感が強まる。

美味しいことは美味しいのだけど、なんと言うか、蕎麦を頼んだはずが間違ってうどんが出てきたかのような、コレジャナイ感がぬぐえない。

それにこの上品なスープであれば、小麦香るいつものつけ麺の方が絶対に合うよな。

 

そしてつけ麺との違いがもう一つ、わざわざ頼まなくても割スープが別器でサーブされた。

おっと、なんとワンタンが入ってる、これは嬉しいサービス。

 

安心と信頼のMENSHOなので勿論不味かろうはずはなく、ビャンビャン麺を最初から狙っていれば大満足間違いなしの一杯。

舌がつけ麺モードになってる時には向かないかな。

 

そんな訳で次回は券売機の前で翻意することのないよう、初志貫徹でつけ麺を食べるか、もしくは心してビャンビャン麺を味わうとしよう。