Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

テレワーク&ラン

テレワークのある日、朝から走る気満々だったのだが、大雨洪水警報が発令されるほどの酷い大雨で断念、諦めてシャワーを浴びてPCの電源を入れた。

 

オンとオフの切り替えが難しいテレワークになかなか馴染むことの出来ない私だが、少なくとも通勤電車に乗らなくて済むことは大きなメリットだ。

 

降ったり止んだりを繰り返していた雨は、夕方には完全に止んだようだった。

私は少し早めに仕事を切り上げることにして、PCの電源を切り、走りに出た。

このフレキシビリティもテレワークのメリットに違いなく、こうして私は徐々に会社に行けない体質になっていきそうな気がした。


f:id:OKComputer:20210617090900j:image

キロ6分50秒のゆったりとしたペースから、キロ4分40秒まで上げるビルドアップ走。

最後にダウンジョグを1km入れて合計10kmでフィニッシュ。

普段のジョグとは異なる筋力を使い、身体に程好い刺激が入った。

 

Garminの算出するVO2maxなどあてにならないと勿論理解はしているのだが、それでも先月膝を傷めてスロージョグで繋いでいるうちに数値は52から49へと下がり、これはこれで気分の良いものではない。

しかし、この日のビルドアップ走でようやく51まで回復し、やはり悪い気はしないのだった。

 

さて、普段のジョグよりも負荷をかけたので、しっかりケアするべく最愛の温泉銭湯、矢口の草津湯へ行きますかね。

平日の夜でもかなりの賑わい、流石はホスピタリティの塊、草津湯である。


f:id:OKComputer:20210617091805j:image

温冷交代浴、マッサージ風呂、仕上げにサウナと水風呂で整えてから、ロビーでスーパードライの大瓶を頂きます。

憐れなり、外食産業。

 

風呂とサウナで汗を絞り出した後のスーパードライは本当に旨い。

フィニッシュに普段は感じないまるで蜂蜜のような甘味を感じるのである。

乾いた身体にはスーパードライがマッチするのかもしれない。

草津湯で風呂上がりに飲むようになって以来、好んで飲むことはなかったこの銘柄を、大いに見直している私だ。

 

テレワークするとダラダラ感が出がちだが、1日の締めにランニングして温泉に浸かると実にクリエイティブな1日だったように錯覚する。

これも私がランと銭湯を愛する理由でもある。