Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

松屋でジョージア気分

昨年、一部の店舗限定で販売していたシュクメルリというジョージア料理を、期間限定ながら全国展開に踏み切った松屋

攻めてるなぁ。

 

一昨年ジョージアを旅した私には懐かしい料理、と言いたいところだけど、実はジョージアでは食べていないのである。

本場のシュクメルリは誰かとシェアするようなサイズなので一人旅向きではなく、更に猛烈なニンニクという触れ込みに怯み、おまけに私はワインの飲み過ぎで途中から激しい下痢を発症した、等の理由により、試さなかったのだ。


f:id:OKComputer:20200121200023j:image

ご飯大盛無料キャンペーン実施中だが、糖質制限者はここでもあえての湯豆腐変更。

ガーリック、チーズ、スパイスをふんだんに使ったチキンのクリーム煮のような料理、これが湯豆腐と全く合わない。

しかし個人的にはご飯に合うとも思えぬ味、どちらかと言えばパンが食べたい気分だ。

 

局地的に最高に旨いとバズっていたので興味はあったが、個人的には一度食べれば充分な味、リピートは無いだろう。

それよりもヒンカリ、ハチャプリ、オジャクリ、ハルチョといった私を楽しませてくれたジョージア料理たち、そして誇り高きジョージアワインとジョージアビールが猛烈に恋しくなってしまった。

 

嗚呼、またジョージアに行きたいなぁ。

 

南部の砂漠、北部の峻険な山々、旧ソ連の闇、異様にホスピタリティの高い人々。

狭い国土でありながらも、大陸の中の変化に富む部分に位置し、長く複雑な歴史と独自の文化を有するこの国の多様性は、私を魅了して止まない。

 

しかし、松屋が私にジョージアをリマインドさせるというのも不思議なものである。

早速ゴールデンウィークトビリシ行き航空券の値段を調べると、高くてとても手が出せない水準。

2年前に僅か9万円で往復出来たのは、やはりジョージアが私を呼んでいたということなのだろうか?

一期一会が人生の本質、チャンスを逃してはいけない。