Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

2024-01-01から1年間の記事一覧

酒蔵信濃(上田)

長野マラソンのゴール、南長野運動公園からシャトルバスに乗り篠ノ井駅へ。 初めての篠ノ井駅。 かくのごとく哀愁ステーションであります。 お行儀悪く缶ビールを飲みながら列車の到着を待つ。 ここからしなの鉄道に乗り、友人のDDVセンパイ(仮名)の営む葡萄…

長野マラソン2024

天は我に味方した。 1週間前から出ていた雨予報は曇りに変わり、2日前までの季節外れの猛暑は収まり最高気温は18℃予報、更に風も殆ど吹いていない。 あとは己を信じて42.195km走るのみだ。スタート地点の運動公園は市内中心部からのアクセスが悪く、電車とシ…

山小屋(長野)

いよいよ決戦の地、長野へ。 新幹線の中でもカーボローディング、深川めし。 勿論ビールも欠かせませんな。 しかし、上田のDDVineyardには毎回車で行っているのだが、常態化している環八と関越道の渋滞に5時間かかったりするのだけれど、新幹線だと長野は拍…

三好弥(江戸川橋)

金曜日も引き続きカーボローディングの日。 ランチは何処に行こうかな? 少し考えた末に出した結論は三好弥@江戸川橋。 オーダーはカツカレーと悩んだ末の半熟オムライスであります。 御椀と比較すれば、このボリュームがお分かり頂けるでしょう。 普段だと…

BASSO江戸川橋

木曜日のランチはカーボローディングを開始するタイミングであったので、BASSO江戸川橋へ。 巌哲同様、オフィス移転後物理的に遠くなってしまい、訪問の機会が減っているのは困ったものだ。 カーボローディングメニュー、特製つけそば中盛。 券売機には玉ね…

もつ焼きばん(祐天寺)

暮れなずむ祐天寺の街。 この赤提灯が好きだ。 もつ焼きばん。 先ずは赤星大瓶を。 今日は火曜日玉子の日。 懐かしいな、このサービスの恩恵にあずかること自体が。 おしぼりは紙おしぼりに変わっていて少し残念。 でもこれも企業努力の一つのかたちではある…

いきなりステーキ門前仲町店

やぁ、みんな( ゚д゚ )! ボク、いきなりステーキを憐れむ会の会長、sympathy for ikinari君だよ! 軽く痛めた左脚の調子がまだ悪く、門前仲町のスポーツ鍼灸院を訪ねることにしたんだ! ここの院長はマラソンに関する書籍も出しているサブ3ランナーで、施術を…

いきなりステーキ蒲田店

やぁ、みんな( ゚д゚ )! ボク、いきなりステーキを憐れむ会の会長、sympathy for ikinari君だよ! 無計画な大量出店によるカニバリズム、戦略のない会員システム、追い詰められてからの会員システムの改悪に次ぐ改悪、ボクを含め多くのプラチナ会員が呆れ、そ…

らぁめんほりうち新橋店

持病の薬をもらうため、月に一度の病院通い。 この日は病院も調剤薬局もガラガラで、10分程でミッションが完了してしまった。 のみならず、朝からビルドアップ走で追い込んだ為か、血圧は上が104、下が68とむしろ下がり過ぎており、ゆるキャラドクターも私も…

あべちゃん(下丸子)

仕事を終えて真っ直ぐ地元に帰ってきたのだが、ふと焼き鳥が食べたくなり、あべちゃんへ。 赤星中瓶600円。 砂肝、ナンコツ、ボンジリ。 総じてレベルの高い串。 ホッピーセット白。 上手く写っていないけど、焼酎の量がハンパない。 厚切りベーコン。 毎回…

讃岐屋(護国寺)

オムライス狙いでランチ営業終了間際の栃尾に飛び込むと、「スイマセン、ご飯切れちゃって」とご主人。 なんか肩透かしを喰らったようで、反射的に店を出た。 ランチ難民になりそうなロケーションだが、この日は14時を過ぎても讃岐屋の暖簾が出ていたので無…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 なんだかんだ言って、一番好きなのは小田原の鈴廣かな? 違う、それはかまぼこだ。 熊ぼっこと蒲鉾には何の関係もない。 ところで水曜日は熊ぼっこカレーの日。 先日食べたチャーハンをもってボコ卒(熊ぼっこ卒…

MENSHO(護国寺)

火曜日恒例の腰のリハビリを護国寺の形成外科にて。 久しく診療を受けていないということで、院長の問診も受けて、ついでに切らしていた塗り薬もゲット。 本当は腰の治療に通っている形成外科だが、この塗り薬はランニングの後に筋疲労が残った際に重宝する…

笊そば 蕎すけ(護国寺)

会社の近くにロクな蕎麦屋がないと嘆き続けて幾年月。 あれ? あるじゃん、良さげな蕎麦屋が。 達筆な屋号がよく読めないが、「笊そば蕎すけ」というらしい。 入ってみようっと。 圧倒的にメニューが少いな。 まるでラーメン二郎のよう。 ランチセットお願い…

イレブンフーズ源流(大鳥居)

水曜日の朝、恒例のビルドアップ走を実施したのだが、そしてレースが近いのでいつも以上に真面目に走ったのだが、結果として左の脹脛を軽く痛めたようだった。 その翌朝は疲労抜きジョグに徹するも脹脛と足底に軽い痛みがあり、仕事なんかしている場合ではな…

シルザナ(護国寺)

何も考えずに、ランチに出る。 こういうことは、多々ある。 つまり、空腹に耐えかねて、とか、食べたいものがあって、ではなく、オフィスから出て外の空気を吸いたくなり、無計画にランチに飛び出してしまうことが、私には度々あるのだ。 それが私の傾向だ。…

吉野家

日課の早朝ランニングは、スピードこそ使い分けるものの、距離は10kmが基本。 しかし最近は11km〜12km走ることが多くなっている。 きっかけは母親の手術に伴い、実家に1週間程泊まりこんだこと。 実家から朝ランするときは、先ず中原街道を多摩川方面へ走り…

国民酒場じぃえんとるまん蒲田店

避けがたくついていない日というものがある。 悪いこととは何故か重なる。 考えたって仕方が無い。 腹を立てても救われない。 真っ直ぐ帰ろうかとも思ったけど、気分転換に軽く飲んで行こう。 こんな日は飲み屋でも嫌な思いをする可能性が高いが、その時はそ…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 正代関って、熊ぼこ出身だってね。 いや、違う。 正代の出身地は熊ぼこではなく、熊本だ。 正代は四股名ではなく本名で、お婆さんの名前は正代正代らしいが、熊ぼこ出身ではないのである。 そんなことはどうで…

巌哲(早稲田)

今年も桜が咲きましたね。 桜を愛でながら神田川の遊歩道を歩き、早稲田へ。 言葉のアヤで桜を愛でながら、と書いたものの、実は私は桜が嫌いなのです。 満開の桜はキチガイドモを呼び寄せ、私の自宅マンション下の桜並木も桜が咲いた土日ともなれば、花見狂…

麺喰屋Senmi(武蔵新田)

日曜日も暖かいを通り越して暑いような陽気になりました。 本命の長野マラソン3週間前なので、最後のロング走で20km走るつもりだったのだが、あまりの暑さに想像以上に消耗し、尚且つ水を持たず、小銭も持たずに走りに出た為17km手前でストップ・ランニング…

ラーメンビッグ(矢口渡)

春眠暁を覚えずな土曜日。 昼前まで実に10時間余りも寝てしまった。 確か前夜も9時間以上寝たはずで、私の睡眠は大谷翔平化しているようだった。 ま、睡眠時間と、日本人であるということぐらいしか、彼と私の共通点はございませんが。 昼前から90分ジョグに…

三好弥(江戸川橋)

米米米米。 米米米米。 (筋肉少女帯「日本の米」より) ランナーに米は不可欠。 そんな私のチョイスは、江戸川橋のデカ盛り定食屋、三好弥にて半熟オムライス。 味噌汁が付くのが定食屋らしいね。 御椀と比較して、この皿がいかに大きいか、お分かり頂けるだ…

味彩(護国寺)

護国寺の定食屋、味彩。 この店の女将の慇懃丁寧無礼ながら、どことなく愛嬌のある接客を、厳しい審美眼を持ち、接客への拘りの強いサマーな後輩(仮名)がどのように受け止めるのか、非常に興味がある。 さて、ランナーは米を食べるべきと、多くのランナーが…

3月のランまとめ

3月の走行距離は350kmだった。 3月31日、レース3週間前なので、最後のロング走、20km走を実施する予定が、コンディション不良で16km過ぎでリタイア。 無理して20km走を完遂するよりも、コンディションを優先した方が良いのは、今までの経験からも明らかだし…

熊ぼっこ(護国寺)

熊ぼっこ。 熊はいいとして、問題はぼっこだ。 熊ブラダー? いや、それでは熊膀胱だ。 熊の肝は強壮に良いと聞いたことがある気がするけど、熊の膀胱は聞いたことがない。 そんなことはどうでもいい。 熊ぼっこの名物はカツあたま定食らしいということを知…

MENSHO(護国寺)

前回奥能登塩らぁめんを食べた際、食べ飽きたような感覚を覚えたので暫く距離を置いていたMENSHO、春の限定を始めたという情報をキャッチしたので久し振りに訪問。 それがこちら、桜エビラーメン。 真上からもう1枚。 ヤバいぐらいの濃厚な海老スープは最早…

練馬こぶしハーフマラソン2024

会社の後輩にしてマラソンの元師匠(現在は師匠からラン友に格下げ)であるブルーブラッド(仮名)に誘われるがままにエントリーした練馬こぶしハーフマラソン2024。 後から気付いたのだが、スタートが午前8時と矢鱈早いため、東京の南端に住む私が当日入りする…

めん徳二代目つじ田(麹町)

紀尾井ホールでクラシック音楽を鑑賞した帰り道、ふとめん徳二代目つじ田と目が合って吸い込まれた。 この日はハーフマラソンの前日。 カーボローディングの仕上げをしなければいけないのだ。 小瓶のクセに高いなぁ。 御託宣。 つじ田と言えば、この黒七味で…

BASSO江戸川橋

ヤバイよ、ヤバイよ、気がつけばハーフマラソン3日前、何の準備もしていなかったよ。 一旦糖質を抜くプロセスをすっ飛ばすことになるけど、とりあえずカーボローディングはやっておこうと、ランチはBASSO江戸川橋へ。 お冷や。 なんでこんな写真撮ったのだろ…