Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

もつ焼きでん 西小山店

水道橋の名店、もつ焼きでんが城南地区に進出しているという。

愛すべき我が街、蒲田にも出店していることを知ったが、この日は訳あって西小山店へ。


f:id:OKComputer:20200929190657j:image

駅を出てから詳しく場所を調べようと思っていたら、調べるまでもなく改札を出たすぐ目の前にありましたよ。


f:id:OKComputer:20200929190734j:image

瓶ビールは赤星大瓶。そうこなくっちゃ。


f:id:OKComputer:20200929190804j:image

アブラ刺し。

たっぷりの酢味噌が旨い。


f:id:OKComputer:20200929190823j:image

豚なんこつの煮込み。

これもトロトロで味が染みていて旨い。


f:id:OKComputer:20200929190846j:image

埼玉屋インスパイアのレモンサワー。

メニュー構成がなんだか蒲田のいとやと似通っているなぁ。

いとやはもつ焼きウッチャンの流れを汲むそうだが、ウッチャンとでんは出自が同じなのだろうか?


f:id:OKComputer:20200929190915j:image

これは串も期待できそうと、てっぽうとだんご。

ん?塩がキツすぎる。しかもだんご(つくね)に至っては焼きすぎでパサパサ、ハッキリ言って糞不味い。

塩味が強すぎれば当然肉の味も良くわからない。てっぽうは一口のみしか食べられず、残してしまった。

 

仕込み料理が旨いということは、素材は悪くないはず。

ということは、焼き手の技術が極端に拙いのだろうか。

埼玉屋に行ってうち震えてもらいたいね、全く。

 

近いうちに蒲田店にも偵察に行って、比べてみよう。