Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

机上の空論(東十条)

埼玉屋を堪能し、GRIKENでワインを空けた我々は、お互いの足元がフラツイていないことと、お互いの脳がまだ充分に機能していることを確認しあった後に、リベンジ・ラーメンに向かった。


f:id:OKComputer:20211018190302j:image

それがこちら、机上の空論である。

スマホにラーメンの写真は残っていたのに、大泥酔していて全く味を覚えていなかった、哀しき前回のリベンジである。


f:id:OKComputer:20211018190609j:image

オーダーはシンプルに中華そば(醤油)。

そしてサマーな後輩(仮名)が瓶ビールを奢ってくれた。

 

先ずはスープを1口。

あまーーーーーい!(死語)

私のラーメン店ポートフォリオの中ではBASSO方面の方向性、しかしカエシの甘味が段違いに強め、これはこれで旨い。

密度の濃いパツパツ細麺の食感も、BASSOに似ている。

奇を衒わないある意味で王道系の中華そばである。文句なく旨い。

 

もう一方のライン、煮干し中華そばも気になるなぁって、メニュー構成からしBASSOに似てますね、前回は酔ってて気付かなかったけど。

 

いやー、美味しかった。

やはりラーメンは頭がしっかりしている状態で頂きたいものである。

そして、泥酔さえしていなければ、締めのラーメンとは旨いものだ。

次の機会は煮干しを試そう。

 

と言いつつ、翌朝体重計に乗った私は、表示された数字を唖然として二度見三度見することとなる。

体重爆発、何故一晩でここまで太れるのか?

 

元の体重に戻るまで、5日かかった。

東十条パトロールは、2軒で切り上げるのが賢い大人の選択のようだ。