Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

手賀沼一周ジョグ

日曜日。

貴重な晴天。

貴重な凪。

 

釣りか、ジョグかを天秤にかけて、結局私はジョグを選んでしまった。

 

前日は新しい靴のお試しランで、11kmのビルドアップ走をやったので、今日はゆっくりと長い距離を走りたいところ。

 

多摩川ばかり走るのではなく、たまには目先を変えてみようと、久し振りに手賀沼までドライブ、高速走行が得意な私の愛車も喜んでいる。

湖畔のスーパー温泉銭湯「満天の湯」に車をとめてラン開始!

1km6分30秒ペースをキープした、LSD走でいってみよう。

 

湖(沼)一周ランって、コースを考える必要もなく、湖畔に沿って走っていればそのうち勝手にスタート地点に戻ってくるので、とにかく頭を空っぽにするには最適のシチュエーションである。

 

ランニングウオッチにダウンロードした音楽をランダムプレイにして、黙々と走る。

サイクリングロードのアスファルトの照り返しで暑く、発汗量が尋常でないけれど、風光明媚な手賀沼ランは気分が良い。

「ラップ9、5分30秒」

音楽の合間に1kmごとのラップタイムがイヤホンを通して聞こえてくる。

ん?5分30秒?

何も考えずに走っていたら、8kmから9kmのラップタイムが想定より1分も速くなってしまった。というか全然ペース意識していなかったので、かなり前からオーバーペースになっていたかも。

いやー、こうやって調子にのって何度も膝を痛めているというのに、懲りないというか何というか。


f:id:OKComputer:20210523172021j:image

結局その後も上手くペースを掴むことが出来ず、速くなったり遅くなったりを繰り返しながら、ゴール。

給水の時は歩き、1ヶ所信号待ちで止まってこのタイムでは、最早 LSDとは呼べないのであった。

どうも音楽を聴きながら走ると、ペースの維持が難しくなってしまうようだな。

流されやすい、ワタクシ。


f:id:OKComputer:20210523172042j:image

車を停めさせてもらったお礼もかねて、走り終えたら満天の湯で汗を流す。

疲労回復にはやはり入浴が一番ですな。

緊急事態宣言ではなくマンボウの千葉県、サウナもちゃんと営業中でした。

 

家からノンアルビールを2本持ってきたので、風呂上がりにぐびぐびっと。

ノンアルビールは充分にビールの代わり足り得ると、最近私は学んだのである。

これからは暑い時期の釣りにもノンアルビールは欠かせないだろう。

 

さ、それでは帰る前にラーメン屋へ向かいましょう。