Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

巌哲(早稲田)

淡麗ラーメンの鬼、サマーな後輩(仮名)イチオシの早稲田巌哲。


f:id:OKComputer:20201112184921j:image

到着時並び2名。

食券買って烈に接続。


f:id:OKComputer:20201112184912j:image

こちら淡麗ラーメンの鬼のイチオシメニュー、鮪塩(しびしお)に、煮卵とワンタントッピング。

冷し鮪塩は堪能したけど、温かいのは初体験。

 

最早巌哲のラーメンには信頼と敬意しかなく、間違いの無い旨さ。

通常の引き算の美学的な淡麗に留まらず、スパイスのような複雑な旨味と、手間隙を惜しまないストイックさ、そして無限のアイデアが詰まっていることがわかる。

正に孤高のラーメンである。

 

但し、硬めコールを受け付けない麺、私のラーメン体系の中では矢口渡のいそべと似たストレート白細麺は、もう少しだけ堅い方が好みではある。

パツパツのいそべの麺の方が、正直なところ旨い。

しかし、淡麗スープとの絡み具合を考えると、これがベストなのだという店主の無言の圧力はひしひしと感じる。いや、猛烈な圧で感じる。

 

LINEで食事報告を淡麗ラーメンの鬼に送ったところ、同じ時間に彼も巌哲でラーメンを啜っていたことが判明した。