Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

飲食処ばんや(諏訪市)

諏訪湖を走り、朝風呂、朝食バイキング、ランニングウェアの洗濯を済ませると、特にやることもなくなった。

 

私は車をホテルの駐車場にとめたまま、徒歩で諏訪の町を散歩することにした。


f:id:OKComputer:20220509092041j:image

高島城。


f:id:OKComputer:20220509092721j:image
味噌蔵。


f:id:OKComputer:20220509092752j:image
城下町。


f:id:OKComputer:20220509092824j:image
酒蔵巡りの戦利品。


f:id:OKComputer:20220509092935j:image
ドライブして奧蓼科の横谷峡谷へ。


f:id:OKComputer:20220509093012j:image
遠くに見えるは王滝。


f:id:OKComputer:20220509093056j:image
滝ズーム。

 

3時頃にホテルに戻り、一番風呂にのんびりと浸かってから部屋でビールの至福。

さて、ホテルのオススメ飲食店マップ一覧から狙いを定めたのは...

f:id:OKComputer:20220505170720j:image

ジビエと諏訪料理の店とあった、飲食処ばんやだ。某ログの諏訪居酒屋ランキングでも1位、自ずと期待は高まる。

5時の開店より前に着いちゃって、いちばんのり。


f:id:OKComputer:20220505170711j:image

生ビールとお通しの豚しゃぶサラダ。


f:id:OKComputer:20220505171017j:image

ワカサギの唐揚げ。

諏訪湖のワカサギは、河口湖のものよりも一回り小さい。しかも苦味が強くて、得体の知れない雑味もあって、イマイチ。

 


f:id:OKComputer:20220505171347j:image

新玉ねぎ丸ごと焼きと、馬鹿セット。

馬鹿セットとはラーメンライスのような頭の悪いセットという意味ではなく、馬刺と鹿肉のセットである。

クセがないのが鹿肉だと思っていたが、ここの鹿肉はややクセモノ。馬肉はあまりにも普通。

この時期の新玉ねぎはハズレなし。


f:id:OKComputer:20220505173816j:image

本金純米胡蝶1合。

どちらかと言えば辛口だけど、麹の甘味というか、ふくよかな旨味もあって、旨い。

 


f:id:OKComputer:20220505180805j:image

横笛本醸造

なんか、合わせる食事がイマイチ好みで無い時に、醸造酒は最高のソリューション足り得るのだと学びましたよ。

なんと言うか、これで充分という感じ。


f:id:OKComputer:20220508021647j:image

締めてお会計は5236円。微妙。

店員さんは皆若くて元気で活気のある店だったが、旅情のような趣は感じられず、会計のみならず料理も微妙で、個人的には少し残念だった。


f:id:OKComputer:20220508021704j:image

薄暮の諏訪の町を歩いてホテルに向かう道すがら、コンビニでビールとワインと軽いつまみを購入。


f:id:OKComputer:20220508021715j:image

ホテルの駐車場に佇むは、半年前に訪れたちゅうぼう。

湘南から移住したというチョイワル(死語)店主が営むこの店の方が、遥かに私好みであったのは灯台下暗しと言うべきか。

次の機会はこの店に再訪しよう。