Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

私家菜館 福(横浜)

日曜日。

昼過ぎから横浜で仕事のような、苦行のような、ま、仕事だな、これは。

 

みなとみらい線新高島駅近くの現場、目ぼしいレストランが見当たらないので、Googleマップで見つけた中華レストランへ。


f:id:OKComputer:20240514072609j:image

もう飲んでしまおう。

ピルスナー・ウルケルに慣れた私の舌には、サントリープレモルは邪道なビールとしか思えない。

余計な味がするのだ。


f:id:OKComputer:20240514072617j:image

担々麺。

日本的ティピカルな担々麺とも、本格的四川風とも異なる、大陸系中華料理店にありがちなもの。

特筆すべきはなく、淡々とすする。担々麺なだけに。


f:id:OKComputer:20240514072624j:image

ランチセットの餃子は羽付き。

可もなく不可もなく。

 

やってらんねー、行きたくねー、ビールおかわり!

やはりプレモルの生は2杯目でも余計な味がした。

これならスーパードライの方がマシである。

 

ほろ酔い加減で現場へと向かった。

 

現場は凄まじい長丁場となりお腹もペコペコ、終了後に仲間達と再びこの店を訪れることを、この時の私は未だ知らない。


f:id:OKComputer:20240519101844j:image

「良い名前のお店ね!」(実家のふくちゃん談)