Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

11月のランまとめ


f:id:OKComputer:20221130160227j:image

11月の走行距離は246kmだった。

 

レース前のテーパリングとレース後のリカバリーで、走行距離を意図的に落としたのに加え、飲み会の翌日に二日酔いでランオフしたり、大雨に心が折れてランオフしたりで、30日中走ったのは21日と少なめだった。

 

特に、あと4km走れば250kmに達することが分かっていた11月最終日、キチンと5時半には目が覚めていたのに、異様な倦怠感を覚えてベッドから出ることが出来ず、ランオフにしてしまったのはなんとなく悔やまれる。

まぁ、走行距離に拘るよりは、自分の身体との対話に拘るべきだと頭では分かっているのだが、つまりこの判断は賢明ではあるのだが、走行距離を積み上げることも走るモチベーションの1つなのである、実際のところ。

 

f:id:OKComputer:20221130160627j:image

 

4月にかすみがうらマラソンを走った時は230km、9月にわっかないマラソンを走った時は210kmと、フルマラソンを走った月はやはり走行距離は例月よりも減ったので、9日も休んだ割にはまぁまぁ走れたと見ることも出来るかな。

特に、レース後にダメージらしいダメージが残らなかった点は良かった。

 

自分が花粉症であることを忘れ、うっかりと3月に次のレースを入れてしまった。

ということは12月はレース3ヶ月前の走り込み期にあたる。

日の出は日毎に遅くなり、寒さはどんどんと厳しくなり、布団の誘惑に抗うのが難しくなってくる季節だけど、頑張って12月も走ろう。