Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

巌哲(早稲田)

月曜日にラーメンを食べたくなったら、早稲田の巌哲一択。


f:id:OKComputer:20221024152137j:image

前日から一気に10℃も下がり、肌寒いこの日はラーメン日和、久し振りにガッツリ系の中華そば(1030円)に肉増し(250円)を。

 

うん、旨い。

京都の新福菜館を想起させる漆黒のスープ、しかし、見た目のパンチに惑わされることなかれ、塩味は差程強くなく、出汁感のあるまろやかな味である。

 

淡麗系で使う麺とは異なる、小麦の詰まったパツパツ麺が、このスープに実に合う。

ザク切りネギ、そして増した肉。

関西ラーメンだとチャーシューは薄切りと相場は決まっているが、巌哲の肉増しは薄切りから厚切りまで、グラデーションが楽しめて最高の一言。

和食感の強い、引き算の調和のような醤油・塩とはまるで異なるけど、これも巌哲の味。

 

ごちそうさまでした。