Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

居酒屋としての日高屋

日曜日の夕方から珍しく休日出勤。

なんとも微妙な現場だったな。

 

終了後、夕食が未だだったので、目についた日高屋に飛び込む。

思えばこれが人生初の日高屋である。


f:id:OKComputer:20220912120535j:image

瓶ビールにしようと思ったけど、生ビールのあまりの安さに飛び付いたら、なんだか泡が多いな。

やはり瓶ビールにした方が良かったかも。


f:id:OKComputer:20220912120556j:image

もの凄いスピード感で提供された餃子。

可もなく不可もなく。

個人的な好みでは、大阪王将の餃子よりはまだ旨いかな。


f:id:OKComputer:20220912120625j:image

枝豆よりも空豆な気分。


f:id:OKComputer:20220912120641j:image
ホッピーセット。


f:id:OKComputer:20220912120715j:image

ナカはプラスチック製のカップに焼酎と氷を入れて提供される変わったスタイル。

 

腹具合は悪い上に、帰ったらまた飲み直すに決まっているのでこれにてお会計。

 

値段忘れちゃったけど、1500円でお釣りがきた。

国民酒場じぃえんとるまん蒲田店並みに、もしかしたらそれ以上に安いな。

日高屋、安いラーメンチェーンという認識しかなかったけれど、サイドメニューとアルコールメニューが豊富で、サイゼリヤでのサイゼ飲み的な使い方も出来るんですな。

 

覚えておこう。