Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

8月のランまとめ


f:id:OKComputer:20220904164524j:image

8月の走行距離は、255.8kmだった。

 

これは100mの単位まで、7月と全く同じ走行距離であり、それのみならず体調を崩してPCR検査を受け、熱が下がるまでランオフしたのも7月と同じである。

 

本当なら、留萌入りした日に10km走って8月のランを仕上げる予定だったのだが、そこそこ激しい冷たい雨と、路上を埋め尽くすモスラのような巨人蛾の大量発生に心が折れ、ランオフしてしまったのだ。

 

長引く体調不良の影響で、レース前の走り込み期に、思うように走れなかったのは、とにかくフラストレーションだった。

 

次のレースは私にとっての2回目のマラソンなので、比べられるのは私のデビュー戦、今年4月のかすみがうらマラソンしかないのだが、その時の状態を仮に100とすると、今回は練習の量が70、練習の質が30、体調が60という自己判断である。

 

今回は、調整が失敗した時の、そしてコンディションが良くない時のケーススタディとしてレースをマネジメントしようと思う。

 

学びの季節だ。

何故ならばマラソンにまぐれはないので、自分の現状を冷静に見極めた上でレースプランを策定し、長い道中そのプランをマネジメントする必要がある。

バンド内でも基本行き当たりばったりのパンクベーシストは、行けるところまで行きたがる性質なので、難しいレースになるだろう。


f:id:OKComputer:20220904165244j:image

ところで、普段摂取しているサプリを旅行用に小分けにしたら、違法薬物感が半端なくなってしまった。

空港のチェックインの時に、止められませんように。