Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

国民酒場じぃえんとるまん蒲田店

ウイルス性腸炎との診断で体調を崩してから、会社帰りに独り蒲田で飲むという習慣を、封印していた私だった。

 

何故だろう?

多分、理由はない。

ただ、真っ直ぐ帰ることがルーティンになっていただけだ。

 

そんな訳で、お久し振りに蒲田の駅構内を出て、国民酒場を目指します。


f:id:OKComputer:20220801191102j:image

赤星大瓶410円。

安い、旨い。


f:id:OKComputer:20220801191132j:image

新メニュー、豚肉と鶏肉のピリ辛マヨ和え350円。

 


f:id:OKComputer:20220801191247j:image

細切り揚げちくわスティック250円。

これはアイデアメニューですね。

ビールに合う。


f:id:OKComputer:20220801191848j:image

酎ハイBIG450円。

まぁまぁ安い、そこそこ旨い。

 

締めて1460円は、巌哲の鮪塩冷やしよりも540円も安い。

流石は国民酒場、素晴らしいの一言。

元総理大臣の国葬を行うぐらいなら、この店に国民栄誉賞をあげて欲しいぐらいだよね、まったく。

 

竹中平蔵新自由主義アベノミクス以降、この国は一部の持てる者と、多くの持たざる者とに二分されてしまい、総体としては、また世界のなかで相対的にも弱くなってしまった。

1億総中産階級というのは、前世紀の幻想だ。

そして一部の持てる者をより優遇し、多くの持たざる者を切り捨てていたのが、元総理大臣ではかったか。

 

心あるクリエイターの視点は、常に低い。

国民酒場のこの視点の低さと値段の安さが、多くの国民を救っているのは間違いないだろう。

 

そんな支持の表明を、定期的に行わねばならない。
f:id:OKComputer:20220805190101j:image

赤星大瓶410円。


f:id:OKComputer:20220805190121j:image

もやしナムルブラックペッパー200円。


f:id:OKComputer:20220805190133j:image

新メニュー、ハチノスもやしオイスター炒め480円と酎ハイBIG450円。

締めて1540円は素晴らしい。

国民の国民による国民のための酒場、それが国民酒場だ。