Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

中華sobaいそべ(矢口渡)

最近行列が常態化していたことと、近くのラーメンビッグに心奪われていたので、すっかりとご無沙汰だった中華sobaいそべ。

 

ある日覗いてみると、昼時にも関わらず空席多数。これはチャンスと、久し振りに入店しましたよ。


f:id:OKComputer:20220722125336j:image

いそべのビールはプレモルのグラス。

最近の私の傾向としては、プレモルのグラスが出てくるぐらいなら、スーパードライの大瓶、いや、中瓶でも構わないな、とにかく瓶ビールの方が好きだし、スーパードライの評価も急上昇なのである。

 

ビールを飲みながらふと左隣を見ると、うら若き乙女がビールを飲みつつラーメンを啜っていた。お主、やるな。

いいね、この客とこの店。


f:id:OKComputer:20220722221438j:image

キタ━(゚∀゚)━!

黒旨特製つけそば。

太めの自家製麺は黒旨つけそばとの相性が良い。

ちなみにラーメンの細麺は、白醤油の白旨の方が合うというのが、私の見解だ。

スープの三つ葉が爽やか、そして冷や麦の如く白い自家製麺が上品で実に旨い。

スープに入っている白くて細いものはメンマでなくて鶏チャーシューだ。

これも旨い。


f:id:OKComputer:20220722221507j:image

ワンタンのスープは煮干し。

ワンタン麺が有名なたんたん亭系の八雲で修行されたという店主、海老と肉の2種のワンタンが悪かろうはずもない。

旨い!

 

私の後から入ってきたうら若き女性が、大盛りの黒旨つけそばを豪快に音を立てて啜っていた。

お主、やるな。

 

最後はスープ割をもらってフィニッシュ。

 

この上品な味と雰囲気、ラーメンビッグとは真逆のベクトルだが、どちらも甲乙つけがたく旨いのであった。

蒲田ではなく矢口渡というマイナーな駅前というのも良い。

 

ごちそうさま。

また来よう。