Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

MENSHO(護国寺)

護国寺の形成外科にて恒例のリハビリ。

ついでのランチも恒例のMENSHOにて。


f:id:OKComputer:20220531162550j:image

この日のチョイスは奥能登の塩らぁめん、味玉のせ。

あれ?なんかビジュアルが少し変わった?

以前には(多分)なかった、スパイスのような、ハーブのような、謎の黒い粉状のものが掛かっている。そして半分に割られていた味玉が、まるごと乗っている。

しかし食べてビックリ、一番変わったのはチャーシューであった。

以前は低温調理とローストビーフ的な2種類のチャーシューが載っていたが、この日の肉は厚切り。そしてハムのようは風味、これは味も食感も私には非常に馴染み深いものなのであった。

何故ならば、この方向性は早稲田の巌哲の肉そのものだからだ。

研究と研鑽、進化を止めないのがMENSHO流なのだろう。

いやはや、驚いた。

 

そんな訳で定点観測が欠かせない店になってきましたよ。

次は醤油を試さないとね。