Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

巌哲(早稲田)

前夜、元部下であり私のマラソンの師匠でもあるブルーブラッド(仮名)とサシで飲みに行った結果、私は泥酔し、結果この日は二日酔いで日課のランニングが出来ず、フラフラと会社に出勤した。

 

しかし、アレですな。

 

私はこの1年半、独りで黙々と走ってきた。

 

毎週木曜日に私のランニングコースに現れる、チーム家畜ランナーズ(仮称)が集団で走ってコースを塞ぐのを、心の底から疎ましく、対岸にあるショートコースの受付にたむろするゴルファー達並みに、疎ましく思っていた。

 

走ることは基本的に個人種目だ。

 

しかし、私のランニングの師であるブルーブラッド(仮)後輩と、走ることについて語り合うことは、とても面白かったのだ。

 

刺激を貰った。

 

もしかしたら、たまに人と走るのは、楽しいことなのかもしれないな。

とは言え、道幅の狭い多摩川サイクリングコースを並んで走る奴らには感心しないけどね。

 

さて、そんな訳でさっぱりとした麺を啜りたい状況だったので、ランチは早稲田の巌哲にて。


f:id:OKComputer:20220518140601j:image

肉塩、1350円。

鮪も肉も乗った上品で贅沢なメニュー。

以前は高くて怯んでいた肉塩、今ではむしろコスパが良いのではないかとすら思えてきた。

完璧過ぎて何も言うことはない。

 

最近は肉塩、肉醤油、中華そば肉増し、の3メニューで回している。

キーワードは肉である。

 

肉と麺だけのつけ麺、「盛り」の提供も間もなくかな。

 

季節は巡る。