Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

on cloudmonster購入

やぁ、みんな(*´∀)ノ

ボク、アランシリトー君だよ!

ボクは孤独な長距離走者なんだ!

それが故のアランシリトー君なんだけどね、ハハハ'`,、('∀`) '`,、!

 

さて、普段のジョグで主に使っているHOKA oneoneのBONDI7、所有してる2足のうちの1足は累計走行距離が1200kmに到達しそうでそろそろ(既に?)限界、もう1足も600kmに迫っており、ジョグ用のシューズを追加購入する必要に迫られていたんだ。

 

安心と信頼のBONDI7、値段もこなれてきて狙い目ではあるんだけど、同じ靴を4足買うのもなんか芸がない気がして、ちょっと変わり種のランニングシューズを買ってみたのさ!


f:id:OKComputer:20220430140419j:image

それがこちら、この春の新商品、on cloudmonster。

気鋭のメーカーonが作ったマキシマム・クッション・ランニング・シューズ、独特の走り心地が面白いとネットで大評判だったので、ものは試しと買ってみたってわけさ!

onのシューズは防水仕様のcloud waterproofを持っているんだけど、濡れた路面で滑りやすく、靴の中は蒸れやすく、靴底に小石が挟まりやすく、ハッキリ言って良い印象はあまりないんだ。ま、今回の買い物はある意味で冒険だよね!


f:id:OKComputer:20220430140620j:image

on特有のクラウドテック、すごい厚み。


f:id:OKComputer:20220430140937j:image

on cloud waterproofと比べると、この差!


f:id:OKComputer:20220430141022j:image

アウトソールの真ん中からは、スピードボード・プレートが覗いている。

クッション性と反発力の共存、これは面白そうだぞ!

あと、このアウトソールの形なら、cloud waterproofに比べて小石は挟まりにくいように思えるね。

 

2日前に接種したコロナワクチンの副反応で熱が37℃ちょっとあったんだけど、ちょうど前日にランニング用に購入した骨伝導イヤフォンも届いたところだったので、両方のお試しに軽く走ってみようと、解熱剤のんでから着替えて早速外に繰り出してみたよ!

 

いや、こりゃすげえ!

着地の安定感がとにかくハンパないよ!

BONDI6からBONDI7に履き替えた時も、着地の安定感が増したなと感動したのだけど、cloudmonsterはまるで地面に吸い付くかのようにピタッと着地が決まる。そして着地衝撃で潰れたcloud tecのソールが即座に膨らむような、独特の跳ね返る感触があるんだ!これがメチャクチャ面白い&気持ちがいい!

プレートは反発力というより、靴が曲がるのを防いでメタロッカーを産み出す為に配置されているようで、反発力を貰った脚が転がるように前に出る感じ。この辺のオートマチック感はBONDI7と似ている部分があるかな。

入りの1kmは6分30秒だったのだが、次の1kmは5分50秒だった。

特に意識してペースを上げたつもりはなく、体感的には6分より遅く走っている感じなんだけど、反発力とスムーズな脚の回転で、自然とペースが上がる感じだね。

 

5kmでやめるつもりが、楽しくなっちゃって2週目に突入、ペースもどんどん上げてみたよ!

 

いやー、楽しい!マジで楽しい!

ペースをいくら上げても、着地の安定感は全く変わらないんだ!

ラスト1kmは4分30秒ペースまで上げてみたんだけど、この速度域でも着地の安定感は充分!でも反発は少し貰いにくくなるかな?手持ちの靴ではNIKEのズームフライ3の方がこのスピードには適しているかも、って、1km4分30秒なんて滅多に出さない(出せない)スピードだから全然関係ないんだけどね、ハハハ!

 

そんな感じで10kmチョイで終了、あー、楽しかった!

 

ジョグ用シューズという触れ込みだったので完全にBONDI7的なモデルとして考えていたんだけど、サブ4レベルの梅クラスランナーのボクからしたら、この靴はジョグ専用ではもったいないね!

確かにシリアス・ランナーにはジョグ用なのかもしれないけど、ボクの感想は、キロ5分40秒から5分ペースがこの靴で一番気持ち良く走れるスピードだったんだ!

ということは、ジョグ以上にペース走とかビルドアップ走に向いてるんじゃないかな。

更に言えば、レースには適さないという触れ込みだったけど、サブ4から サブ 345ペースなら、レース・ペースが最も気持ち良く走れる速度域なので、勝負靴としても相当に良い仕事をしそうだよ!

実際に、先日のかすみがうらマラソン、37km付近で左尻が死亡したのは、レース・シューズのカーボンX2の強めの反発力によるダメージが、お尻に蓄積したのではないかと疑っている。

このon cloudmonsterの優しい接地と優しい反発は、身体にも相当に優しいと思うんだな。走りが楽しいだけでなく、ケガをしにくい良い靴だと思うよ!独特なフォルムとカラーも目立ってカッコいいしね!僕のカッコ悪いランニングフォームとのコントラストが唯一の心配なんだけどね、ハハハ!

 

GWにじっくりと履き込んでみるとしよう。

まだまだ新たな発見があるかもしれないね!

 

とにかく汎用性が高くて、走っていて面白い、値段はちょっと高めだけど、その価値は充分にあるシューズだと思うよ。

 

良い買い物したよ!

 

事程左様にランニングが金のかからない趣味だというのは真っ赤な嘘だからね!

 

じゃあみんな、またね(^ー^)ノ