Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

MENSHO(護国寺)

恒例の護国寺の形成外科にて下半身のリハビリ、ついでのランチはMENSHOにて。

 

気温も高くなってきたので、久々に挽き立て小麦つけめんを大盛で。
f:id:OKComputer:20220426131558j:image

まずは麺と塩、粉末醤油が提供。

スープなしで麺の旨さをダイレクトに味わうべし。

小麦というよりまるで蕎麦のような高い風味。食感も中華麺より蕎麦に近い独特な麺。

旨い。


f:id:OKComputer:20220426131727j:image

ワンテンポ遅れてサーブされるスープ。

つけ麺のスープとしてはかなりあっさりで、麺の風味を邪魔しない、中華というよりもフレンチとかイタリアンを思わせる上品なスープだ。

流石は孤高のMENSHO、あっさりした奥には重層的で複雑な旨味があり、アクセントのドライトマトもハッとしてグーな旨さで、ここでしか味わえない独創的な旨さ。

 

旨い。実に旨い。

 

あっさりしているのでそのままでも飲めちゃうんだけど、スープ割を貰うとコンソメのような、更に洋風テイストが増してうまくなる。

どんなマジックだ、これ?

 

先日の値上げでつけめん大盛は1300円の高級品になってしまったけど、その価値は充分にある至高の一杯、大満足でごちそうさま。