Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

プァンタイ(目白)

所用で目白へ。

 

ついでに、つけ麺の名店、丸長でランチを摂ろうと向かう。

季節は春、つけ麺の季節の始まりだ。


f:id:OKComputer:20220307192534j:image

む?シャッターが。


f:id:OKComputer:20220307192546j:image

ビーン(死語)、まさかの臨休。

 

引き返して、自家製熟成麺 吉岡へと向かう。


f:id:OKComputer:20220309093811j:image

ガーン(死語)、まさかの休業。

 

他に目白のラーメン屋を知らない私、慌ててググるも近くに目ぼしいラーメン屋など見当たらないのだった。

 

オフィス近くに戻ってしまおうかとも思ったけど、そういえば近くにタイ料理店があったのを思い出した。


f:id:OKComputer:20220309094153j:image

プァンタイ。

店員さんは皆タイ人、タイ語の柔らかいアクセントが耳に心地好い。


f:id:OKComputer:20220307192556j:image

オーダーはみんな大好きパッタイ

紛うかたなきタイの味、旨い。

 

嗚呼、タイに行きタイ。

一月ぐらい、タイで沈没したい。

久々に耳にするタイ語と、久々に味わうタイ料理は、私のタイへの郷愁に似た感覚を刺激するのだった。


何故異国なのに郷愁を感じるのかよく分からないが、私はバンコクに行くたびに「ああ、帰ってきた」と思うのだ。

もしかしたら前世はタイ人だったのかもしれない。