Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口渡)

啓蟄の日に春一番

 

暦の上のみならず、冬景色だった多摩川の土手では、春を告げるハマダイコンの花が咲き始めていることに、この日気が付いた。

確実に季節はひとつ進んだようだ。

 

春らしく、今年初めてTシャツ短パンの軽装で走りに出る。

 

多摩川河川敷は、正に春一番と呼ぶに相応しい南西風、体感で風速15m以上の暴風が吹き荒れていた。

向い風がキツいのは言わずもがな、追い風もこれだけ強いとペースが勝手に上がり、とてもキツいのだった。


f:id:OKComputer:20220306122125j:image

1キロ5分20~30秒ペースで20km走るつもりが、あるラップは追い風で4分50秒まで上がり、またあるラップは向い風で5分40秒まで下がり、おまけに気温が高くて喉が渇いてきて、しかし水も小銭も持たずに出てきたこともあり、17kmでストップ・ランニング。

調子は悪くなかったのだが、とても疲れた。

そしてこれからの季節、長めの距離を走る時には水分か小銭は必携だ。

 

さて、洗濯とシャワーを済ませて、ランチの為に向かうは矢口渡。

ビッグボスの待つ、ラーメンビッグである。

f:id:OKComputer:20220305170755j:image

水分補給。走った後はドライが旨い。


f:id:OKComputer:20220305170807j:image

オーダーはいつものようにチャーシュー麺並麺硬め(850円)、ホウレン草(100円)。

卓上のおろしニンニクを小匙一杯入れてからいただきます。

 

もう何も言うことはない。

 

ライトな豚骨醤油のラーショ系の中でも殊更ライトなスープに、大橋製麺の頼りない細い縮れ麺、出涸らし系ホロホロチャーシュー、くたくたのホウレン草。

ある種の完璧な調和がここにはある。

 

こういう類いの旨さは、私の人生に必要なのだ。