Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

四文屋 三軒茶屋店

私にとっての暗黒の街、三軒茶屋で18時から打ち合わせ。

早寝早起きの私にとって、18時とは仕事を終わらせる時刻であり、打ち合わせを始める時刻ではないはずなのだが、選り好み出来ないのはサラリーマンの宿命である。

 

ところで何故三軒茶屋が私にとっての暗黒の街かと言えば、良い思い出の一つもない、前職の職場が三軒茶屋にあったからだ。

 

とは言え、それは四半世紀近くも前のことだし、街も随分と様変わりしているし、私の記憶も薄れ、以前のような嫌悪感は最早ないのだった。

 

打ち合わせを終えて駅に向かう。

時刻は19時、軽く呑んで帰るかと駅チカの歓楽街へ。

当時からあった餃子の王将の斜め前に、中野の四文屋の支店が出来ていたので突入。


f:id:OKComputer:20220225185237j:image

瓶ビールは黒ラベル中瓶550円。

 


f:id:OKComputer:20220225185415j:image

タン、ハツ、ハラミの冷製盛り合わせ。

薬味はわさび、しょうが、ニンニク、卓上の醤油とは別にポン酢が別皿で出てきて至れり尽くせり。

味も悪くない。


f:id:OKComputer:20220225193122j:image

煮込豆腐。

かなり濃厚な煮込みに、豆腐がよく合うのだった。


f:id:OKComputer:20220225193141j:image

栃尾油揚焼き

厚揚げ好きなんだけど、そう言えば食べるのは実に久しぶりである。旨い。


f:id:OKComputer:20220225193216j:image

レモンサワー。

埼玉屋と比べてはいけない。


f:id:OKComputer:20220225193229j:image

鶏皮ポン酢皿。

ま、こんなもんかな。


f:id:OKComputer:20220225193247j:image

金宮梅割。

立石宇ち多の味。

もしくは新宿ションベン横丁のカブトの味。

決して旨い酒じゃないけど、酒飲みの心を掴む一杯だ。

 

締めてお会計は2475円。

ほう、なかなかリーズナブルじゃないですか。

 

蒲田のもつ焼きでんも同じだけど、こういうもつ焼き屋で心おだやかに飲みたいのならば、もつ焼きは頼まないのが吉だ。

 

再訪はありやなしや。