Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

巌哲(早稲田)

巌哲さんのTwitterをチェックすると、限定トッピングで淡海地鶏のつくね3個300円が提供中。

 

ジビエのような淡海地鶏をつくねにするとどんな感じなのかな?

と興味が湧いたので、行ってみましょう。


f:id:OKComputer:20220216083302j:image

肉醤油(1200円)+淡海地鶏つくね(300円)。

いつもの如く、間違いのない旨さの肉醤油。

つくねは、地鶏感のある、肉肉しいもの。

しかし、肉の種類やベクトルが全く異なるので比べること自体がナンセンスなんだけど、先日赤羽米山の世界最高峰のつくねに舌鼓を打ったばかりの私は、これで300円は高いなという身も蓋もない感想を持ったのみ。

まぁ、長く米山に通っていると、つくねに対する審美眼は、オリンピックのフィギュアのジャッジを凌ぐ程に高まってしまうのだ、否応なしに。

 

そういえば、一度だけ試した淡海地鶏鶏そば、旨いことは旨いけど、肉醤油や鮪塩にはかなわないとの感想をもったのだった。

 

とは言え、巌哲さんの試みは、可能な限り味わいたいもの。

またお邪魔します。