Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

MENSHO(護国寺)

恒例の腰と下半身のリハビリの後、ランチに護国寺のMENSHOへ。


f:id:OKComputer:20220125160119j:image

能登の塩らぁめん、味玉のせ。

魚介の香る上品なスープの塩ラーメンである。旨い!

自家製麺が抜群に旨い。パツパツ寄りなのだが、喉越しがとても良いという二律背反具現化麺は、ありそうでない、他に類を見ない麺だと思う。

具材もすべからく旨い。

 

一時あれだけ愛したラーメン二郎蒙古タンメン中本に全く行かなくなった私の舌は繊細さを取り戻し、かつての私なら「淡麗系」に即座にカテゴライズされたであろうMENSHOのラーメンは、上品ながらもパンチが効いているとすら感じるのである。

 

多様性が楽しめること、上質な選択肢を数多く持つこと、それが大人の豊かな生き様だ。

少なくともラーメンにおいては、それが実践出来ている今日この頃。

ささやかな幸せ。