Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

新橋しのだ寿司 蒲田西口店

三連休の中日も元気に走ります。

 

しかし15km走るつもりがコンディション不良で11kmで切上げる。

眩暈とフラツキ、どうも貧血が疑われる。血の気の多かったこの俺様が、貧血とは、トホホ...。しかし調べれば調べるほどに、ランナーと貧血は切っても切れない縁のようだ。

矢口の草津湯へ行って湯治の後は、蒲田のゴッドハンドがいるマッサージ店にて60分の施術を受けてコンディショニング。

 

で、普段ならラーメン食べて帰るところだけど、この日は栄養補給に対する意識が高まっており、以前より少し気になっていた寿司屋へ初訪問。


f:id:OKComputer:20220111093436j:image

それがこちら、新橋しのだ寿司蒲田西口店。

羽田から程近い蒲田は、実は寿司の名店にも事欠かないグルメシティなのだが、そのなかでこの店は「安くて旨い」と某ログ蒲田寿司ランキング上位十傑に入っているのである。


f:id:OKComputer:20220109150022j:image

カウンターに座り、瓶ビールを頼むと、生しかないと言われる。

減点1。

 

f:id:OKComputer:20220109150032j:image

タコ唐揚げ。

可もなく不可もなく。


f:id:OKComputer:20220109150058j:image

穴子

ツメの甘味がかなり強烈で、酒の肴というよりはスイーツみたいな印象...。お世辞にもビールに合うとは言えない。


f:id:OKComputer:20220109150113j:image

握りは一貫単位で頼めるので、色々いっちゃいましょう。


f:id:OKComputer:20220109152013j:image

写真が追い付かない。

 

シャリの温度が高め、というよりネタの温度が低すぎると言うべきか、なんかネタとシャリの相性が悪い気がする。これなら旨い回転寿司の方がマシかな?


f:id:OKComputer:20220109150155j:image

生ビールを2杯飲んだ後は、寿司屋らしく冷酒にしよう。あさ開純米大吟醸酒水神。

聞き慣れない名前だが、岩手の酒。

辛口で寿司の邪魔をせず、寿司をつまみながら飲むにはイイ感じ。

おかわり!


f:id:OKComputer:20220109151754j:image

アオサのお椀で締め。

 

うーん。

これで6000円弱かぁ。

寿司屋としては安い部類だけど、コスパが良いとは言い難い。

 

しかしながらホールの女性店員さんも、カウンター内の2人の板さんも、いずれも70オーバーとおぼしき人生の大先輩、元気で丁寧な接客は好ましい。

鱈腹飲み食いするのでなく、セットメニューでちょいと一杯、という使い方なら良いかもしれない。

 

再訪はありやなしや。