Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口)

土曜日、ルーティンを少しだけ崩し、ランニングの後は草津湯には行かずに家風呂で済ませる。

 

ぬるめの湯温に設定してKindle持ち込みゆったりと入浴。

気が短いので、半身浴とかぬるめのお風呂にゆっくり浸かるだとかは苦手なのだが、完全防水のKindleがあれば、心落ち着けて読書を楽しみながら、のんびりと入浴できる。たまにはこういうのもいいものです。

 

風呂から上がったら目指すは矢口のラーメンビッグ。

別に草津湯とセットにしなくてもいいんだよね。
f:id:OKComputer:20220108191324j:image

セルフサービスの瓶ビールを冷蔵庫から取り出し、500円玉をカウンターに、そして一杯飲んだところで、光の速さでラーメンが提供された。


f:id:OKComputer:20220108191332j:image

チャーシュー麺、麺硬め、ほうれん草。

私が食券を渡す前に、ビッグボスが「硬め?」と聞くでもなく聞いてきて、どうやら私の好みを覚えてもらったようだ。

 

オーダーが最近固定されてますからな。

 

ライトな豚骨醤油スープに頼りない細麺、ホロホロ出涸らしチャーシューにクタクタのほうれん草。この組合せがクセになる。

ラーショ系のなかでも殊更ライトな、なんてことはないラーメンなのに、実に旨い、しみじみと旨い。

家族連れ、高齢のご夫婦、私含めておっさんのお一人様が何人か、というように、客層がバラエティに富んでいるのも、いかにも地元密着型ラーメン店という感じで良い。

 

日曜、祝日が定休日のラーメンビッグ、私が来れるのは必然的に土曜日のみなのだが、通し営業なので時間を気にせずに済むのは有り難い。

 

また土曜日にお世話になります。