Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

国民酒場じぃえんとるまん蒲田店

クリスマスイブ、会社帰りに蒲田の国民酒場じぃえんとるまんに立ち寄り。


f:id:OKComputer:20211224190626j:image

赤星大瓶(410円)+おでん(300円)=710円。


f:id:OKComputer:20211224191120j:image

赤星おかわり410円。


f:id:OKComputer:20211224191131j:image

もやしナムルブラックペッパー200円。

 

しめて1320円のお値打ちプライス。

流石は国民酒場であります。

 

酷い1年だった。

去年も相当に酷い年だっけど、今年は更に酷かった。

そして残念ながら、来年が今年よりも少しはマシな1年になる保証は何処にもない。

 

それでも、と私は思う。

紙切れ1枚で、時に翻弄されてしまうのがサラリーマンという生き方の宿命だ。

私は私の意思でサラリーマンとしての生き方を選択している訳で、だったら自分で選べることに関しては、100%自分の意思で掴み取ろうと思う。

 

日々走ることも、練習と録音に明け暮れたバンド活動も、その代わり釣りに殆ど行けないことも、全てが自分の意思だ。

好きな飲み屋に行きたい時に行くことは、一時コロナというより政治によって奪われたものの、1年を締め括るこの時期に正常化していることは有り難い。

 

ケセラセラ、オブラディオブラダ、川の流れのように

 

店を出た私は、コンビニで赤ワイン1本と何点かのツマミを購入し、家に帰った。

いささか飲み過ぎなことは否めないが、これもまた私の意思なのだ。