Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

本家第一旭 新宿店

新宿御苑近くにある取引先で久し振りに打ち合わせ。

 

となると、帰りはこれまた久し振りに第一旭に行きましょう。

 

店外の券売機で食券を購入し、一歩足を店内に踏み入れれば、床は相変わらずのヌルヌルベトベト。

これも何かの演出なのか?
f:id:OKComputer:20211210204207j:image

生ビールを飲みながら着丼を待つ。

第一旭はアサヒ繋がりでアサヒビールであります。


f:id:OKComputer:20211210204217j:image

そして特製ラーメン、麺硬め、1050円。

 

ムムム( ゚ε゚;)?

 

スープに好ましくない酸味と臭みを強く感じるなぁ。その一方でコクと深みがまるでない。こんなんだっけ、第一旭さん?

麺は旨かったし、薄切りのチャーシューも悪くはなかったのだけれど、晩年の芥川が怖れた、ぼんやりとした不安のような味のスープはあまりにも残念過ぎる。

もしかしたら、巌哲の中華そばとマルチョウそばに慣れちゃったから物足りなく感じたのだろうか?

 

それ以上に残念だったのが、いらっしゃいませもなければありがとうございましたも無い店員さんの接客で、再訪意欲は完全に削がれてしまったよ。

 

この記憶薄れぬ内に巌哲行って、中華そばかマルチョウそばを食べて比べてみよう。

ま、比べるまでもなさそうだけど。