Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口)

土曜日、起きたら8時過ぎ。

天気が良いので洗濯をして、1時間ばかりみっちりとベースを弾いて、昼頃からジョグに出る。

気温18℃。Tシャツ短パンで走るのに最適な温度だ。

 

六郷水門で折り返す14kmのコースを、キロ7分近いペースでゆったりと。

 

ランニングウェアを洗い、汗をシャワーで軽く流してから、いつもの通り矢口の草津湯へと向かいます。

 

15時半前に草津湯に着くと、空いているロッカーを見つけるのが困難な程の混雑ぶりだったのだが、急速に風呂を出る客が増え始め、16時前にはかなりスカスカになった。

前週は5時頃に究極の芋洗い状態と化したし、もしかしたら16時前後が狙い目の時間帯なのだろうか?


f:id:OKComputer:20211120171000j:image

風呂上がりにはロビーでスーパードライを頂きます。

ランニングと風呂の後に飲むスーパードライはとても旨い。

 

さて、草津湯を出ると、少し早めの晩飯に、目指した先はラーメンビッグ。


f:id:OKComputer:20211120171013j:image

セルフサービスのスーパードライ中瓶(500円)を冷蔵庫から出して、ビールを飲みつつ着丼を待つ。


f:id:OKComputer:20211120171022j:image

チャーシュー麺並盛麺硬め(850円)+ホウレン草(100円)。

卓上のおろしニンニクをたっぷりと入れてから頂きます。

ライトな豚骨醤油のラーショ系の中でもひときわライトなスープに細麺。

出涸らし系ホロホロのチャーシューも、クタクタのホウレン草も旨い。

決してミシュラン調査員が訪れることはないだろうが、ある種の正しいラーメンの在り方だ。

 

麺で糖質を、チャーシューでたんぱく質を、ホウレン草で鉄分とビタミンを、スープで塩分を、それぞれランニングで失われた要素を補給出来る点も良い。

健康とダイエットの天敵と見なされることの多いラーメンも、ランニングとセットならこのように正当化されるのだ。


f:id:OKComputer:20211120171030j:image

17時でこの暗さ。

秋は深まり、冬近し。