Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

栃尾(護国寺)

昼休み、会社を抜け出し護国寺の形成外科にてリハビリを。

ついでのランチに護国寺町中華栃尾を目指す。

前日訪れた矢口の町中華、華栄の記憶新しく、身体は町中華モードが継続中だったのである。


f:id:OKComputer:20211108154139j:image

チャンラーメン、900円。

細麺に優しい醤油スープのTHE町中華ラーメン、そして米が異様に旨い半チャーハン。

町中華の雄、新雅のようなパンチ力はないけれど、しみじみと旨い名店である。

 

ここのオムライスを食べてみたいと随分と前から思っているのだけど、いざオムライスを頼もうとすると福島みずほの顔がチラついて食欲が失せ、いつもの半チャンラーメンにしちゃうんだよな。

あの演説を聞いた時に、いったいこの人は何を言っているのだと唖然としたのだが、十数年の時を経てトラウマ的に私の心に刻まれているということは、あれは迷言ではなく名言だったのかもしれない。

政治家のスローガンとしては全く心に響かなかったとしても、だ。