Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

たかちゃんらーめん(江戸川橋)

近い、混まない、味はそこそこ、のキャッチフレーズでお馴染み、便利な便利なコンビニエンスラーメンレストランたかちゃんらーめん。

午後イチから会議で時間的な余裕がなかったある日のランチ、こういう時に最適なのである。

 

久し振りに味噌らーめんいってみようかな。

マタオマ系の魚介豚骨Wスープも味噌は珍しく、悪くないのだとこの店で学んだのである。

 

あれ?

ない。

券売機をどれだけ眺めても、味噌らーめんのボタンはなく、代わりに以前はなかった塩のボタンが出来ていた。


f:id:OKComputer:20210831124448j:image

そんな訳で代替的にオーダーしたのはのり味玉塩らーめん、930円。

味玉塩らーめんが880円なので、この小さなのり5枚が50円もするのか。

たかちゃん店主を大鳥居の上々家に連れていって、のりトッピングかくあるべしと教えてあげたいね、まったく。

 

塩豚骨といえば、最近蒲田の田中そば店にハマっているので、否が応でも比べてしまう。

そして比べてしまうと、たかちゃんらーめんの塩は凄まじく凡庸なのである。

つまりは不味くはないのだけれど、特筆すべきが何もないのだ。

ある意味ぶれないのは流石だけど。

 

これは塩のリピートはないな。

ひそかに味噌の復活を祈るのみである。