Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

河口湖ラン

金曜日は華麗なる定時退社を演じ、スーパーで惣菜とワインを買い、旅支度を済ませ、サクッとディナーで9時前には就寝。

 

万全の準備のはずが、何故翌朝起きたら9時なのだ?

 

10時には既に30度を超えており、熱中症アラート発令。

 

そんな訳でいつもの朝ランは諦めて、夕陽を眺めながらのショートランに急遽予定を変更し、昼頃に家を出る。

目指すは先月に引き続き河口湖だ。

 

まさかの昼食難民と化したものの、結果オーライで美味しいビリヤニを堪能した後にいつものお宿にチェックイン。

 

ホテルを出て、河口湖大橋を渡って対岸へ、そしてそのまま湖に沿ってホテルに戻る約4kmのショートカットコースを2周。


f:id:OKComputer:20210829165517j:image

陽が差している間は気温が高いが、陽が沈むと一気に涼しくなるのは流石標高の高い河口湖、東京とは気候が異なります。

そんな訳でまだ暑さの残る最初の1kmは6分50秒で入ったのだが、涼しくなるにつれてペースが上がり、ラスト1kmは5分10秒のナチュラル・ビルドアップ走になっていた。

 

陽が沈み、暗くなっていく湖面や富士山を見ながら走るというのも、なかなか乙なものである。

やはり旅ランは最高だ。