Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

MENSHO(護国寺)

昼休み、会社を抜け出し近隣の形成外科にてリハビリ&ケア。

絶望的かつ慢性的な腰痛はジョギング効果なのか劇的に改善しているのだけど、形成外科に通っていればよく効く湿布と塗り薬が安価で入手出来るので、週一ペースで通い続けている。

 

さてついでのランチにMENSHOリベンジ。

この日は烏合の衆どもはおらず、外待ち1名のみ。

食券を購入して待っていると、直ぐに入店、店内で5分程待ってからカウンターに案内された。


f:id:OKComputer:20210825163550j:image

さて、この日のお目当ては冷アーモンド担々麺、1200円也。

ちょっと高いかな、と思った印象は、着丼した豪華な担々麺を見て納得。

目を引く牛肉。色とりどりの各種野菜。ハーブも乗ってるし、クラッシュされたアーモンドもタップリ。原価率はかなり高そうである。

スープを飲むと複雑な旨味が襲い掛かってくる感じ。

細かい足し算に意外性を振りかけた、高度な調和と言ったらよいだろうか?

いやー、旨い。

自家製麺も旨いし、たまりませんな、これは。

一見、奇をてらったかのような独自性が高過ぎる一杯なのだが、誰もが旨いと思うだろうなという普遍性もある。最早マジックであります。

香り高い辣油も最高で、スープも粗方飲み干してしまった。

 

夏が終わる前にもう一回食べたいな。