Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

一麺入魂らーめん潤 蒲田店

朝から10km走って、ボロ雑巾のようにボロボロである。

 

洗濯を済ませ、シャワーを浴び、ベースの練習をし、サンデージャポンを見終えたら、支度をして蒲田へ繰り出す。

 

昨日入会したばかりのTIPNESSへ再訪だ。

 

初めてのトレッドミルが予想を遥かに超えるキツさだったので、トレッドミルの走り方を色々調べてリベンジ。

 

しかし前日同様にキツさが変わらず、5km過ぎで無念のリタイアである。

そして、朝10km走った時以上に汗をかいた。

キツい。

トレッドミルは本当にキツい。

これ慣れるのかな?

しかしこれに慣れるということは、外を走ることに悪影響があるかもしれない。

何故ならば、外を走ることの延長にトレッドミルがないことが、この2日で身に染みたからである。

 

風呂に入って着替えを済ませたら、前日同様にコンビニ寄って缶ビール路上飲み。

そしてお待ちかねのランチは燕三条系の一麺入魂らーめん潤へ。


f:id:OKComputer:20210801192746j:image

THE 調味料。

f:id:OKComputer:20210801192756j:image

そして本日のオーダーはつけ麺であります。

トッピング全部乗せのまる得ラーメンと、このつけ麺が私のお気に入り。

しかし、前日食べた田中そば店のネギとチャーシューたっぷりのつけ麺の記憶新しく、旨いことは旨いのだが、やけに質素に感じた。


f:id:OKComputer:20210805052504j:image

この差。


f:id:OKComputer:20210801192806j:image

しかしながら燕三条ラーメンの雄、潤。

ここでしか味わうことの出来ない逸品であることは間違いない。

 

蒲田最高。