Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

巌哲(早稲田)

月曜日は界隈のラーメン店の定休日が多く、もしもラーメンを食べたいと思った時の選択肢は非常に限られる。

 

ラーメン難民が押し寄せることは想像に難くなく、多少の並び覚悟で早稲田の巌哲に向かうと、またしても空席多数であった。

何が起こっているのか。

もしくは単に幸運が続いているのか。


f:id:OKComputer:20210628171441j:image

天気予報程には気温が上がらなかったこの日、気分は温かいラーメン。

前回の鶏そば、悪くはないのだけれど期待値が高かった分、若干の肩透かし感もあったので、安定と安心の肉そばを。

残念ながら半熟卵は売り切れランプ。

 

うんうん、これですよ、これ。

節系の魚介に控えめな鶏が追ってくる上品な淡麗スープ。しかし九条ネギと、多分ネギに合わせたオイルが複雑な旨味を追加しているような、小数点以下の足し算。

そして喉越しを重視したのだろうと思われる麺、トータル・バランスで和を感じさせる一杯である。

 

隣のおじさんが盛り400gを楽々完食している姿に触発され、次は盛りを食べに来よう。

私には300gが限界ですけどね。