Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

巌哲(早稲田)

あれれ?

この日も先客3人と閑古鳥状態の巌哲。

何が起こっているのか、或いはたまたまか。


f:id:OKComputer:20210520161817j:image

定番の夏期限定メニューが始まったとの情報を得たので、この日の目的は勿論その「盛り」。

麺量300gで1200円。

要は冷たいつけ麺なのだが、節香るつけ汁は日本蕎麦のようで、ざるそば感覚でつけ麺を頂ける一品。小麦の香り高い巌哲の麺を堪能するには最高のメニューとも言えるし、このシンプルなメニューが1200円もするのは高いとも言える。

 

うん、旨い。

ありそうでなかなかないメニュー、そして巌哲の麺を堪能するには最適なメニュー、更に高温高湿度の日本の夏には、いや、この日はむしろ肌寒かったのだけど、この時期には最高なメニュー、美味しく頂きました。

 

スープ割もまるで蕎麦湯みたいなんだよな。

 

引き算の調和こそが淡麗系ラーメン真髄だと思っている私には、これこそが究極のメニューと言えるかもしれない。

 

答えは出ない。

でも、心底満足しましたよ。

 

ごちそうさまでした。